TikTok、新型コロナウイルス緊急支援に3000万円寄付&日本財団と提携 『Stay Homeチャリティ LIVE』開催も

 TikTokと日本財団は、新型コロナウイルス緊急支援事業を共同で実施することを決定した。

 TikTokは3000万円の寄付を行い、日本財団を通じて医療従事者等への支援や貧困状況にある子ども達を支援することに。寄付金の主な使途は以下の通りとなる。

・医療支援:お台場の「船の科学館」等に日本財団が設置する軽症の感染者を受け入れるための施設をはじめ、各種施設において新型コロナ対策で活躍する医師、看護師、ボランティア、NPOが行う活動の支援を行う。

・子ども支援:在宅が奨励されても、さまざまな事情で自宅にいられない子どもたちへの居場所の提供や、学習の支援を、日本財団が全国で推進する「第三の居場所」を中心に行う。

 また、ウイルスの感染、拡散防止のための外出自粛を促し、最前線で治療等にあたる医療従事者、感染のリスクを負いながらも、必要とする人のために仕事をしている人などへ感謝の輪を広げることを目的に『Stay Home!チャリティ LIVE』を実施する。

 『Stay Home!チャリティ LIVE』は、日本未実装のTikTokのライブストリーミング配信サービスTikTok LIVE を用いる、日本におけるTikTokとしては初のチャリティライブ。同イベントの開催を通じて、「自宅にいることを楽しもう」「感謝と外出自粛の輪を広げよう」「最前線で働く人たちを支援しよう」の3つを広く社会に向けて発信するとのこと。

 また、『Stay Home! チャリティ LIVE』第1弾として、5月2日19時よりTikTokが2019年に実施したアーティストをサポートする活動「TikTok Spotlight」にも参加。ナオト・インティライミの配信をTikTok LIVEにて開始する。

ナオト・インティライミコメント

 学校にいける、人と集まれる、Live ができる、試合ができる…何気ない日常がいかに幸せなことであったかを思い知らされています。
 同じ会場で一緒に楽しむことは難しい状況だからこそ、今回のこの生配信で行われる“Stay Home! チャリティ LIVE”を通して、少しでもみんなにお家で楽しんでいただけたら嬉しく思います。なお、院内感染の危険、医療崩壊も危惧される最前線で、治療や診察をしているお医者さんや看護師さん、医療従事者の皆様。警察、消防、銀行、郵便、宅配、スーパー、薬局、他にもたくさん。。

 「人のために生きる」とはなんと尊いことか。そんな皆様に心からの感謝と敬意を表しながら、いろんなことを我慢してお家で耐え忍んでる皆様と一緒に、歌えたらいいなぁ。今は STAY HOME、そして、その先へ!

※新型コロナウイルス緊急支援募金とは
 日本財団がお台場の「船の科学館」に設置する施設をはじめ、新型コロナウイルス対策で活躍する医師、看護師、ボランティアの方々の活動資金などに活用・応援させていただく基金。

■新型コロナウイルス緊急支援募金
寄付期間:2020年4月7日(火)~9月30日(水)(予定)
寄付方法:クレジットカードなど オンラインでの寄付、または銀行振り込み
詳細は以下のURLよりご確認ください。
https://kifu.www.nippon-foundation.or.jp/corona/

 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!