Nintendo Switch、世界中で売り切れ続出 新型コロナの影響で

Nintendo Switch、世界中で売り切れ続出 新型コロナの影響で

ゲームは人々の生活に欠かせないものに

 実は、中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスが大流行していることが明らかになった2月時点で、Nintendo Switchが4月までに完売する可能性が予測されていた(参考:https://www.tomsguide.com/news/nintendo-switch-could-sell-out-in-us-by-april-due-to-coronavirus)。

 中国は任天堂のサプライチェーンで重要な位置づけにあり、Nintendo Switchの部品も中国製のものがある。感染者数を減らすために、ロックダウンが行われ、経済活動が滞った結果、任天堂の生産にも影響が出ると見られていた。

 2月時点で、任天堂は「出荷に現状、大きな影響はありませんが、注視し続け、必要であれば措置を講じます」と述べていた。

 しかし、日本でも、『リングフィット アドベンチャー』が発売時に完売状態となり、Nintendo Switchもさほど在庫があるわけではない。平時でも、供給が追いつかないことがある人気商品であり、今回の事態で、需要拡大とサプライチェーンの問題が同時に起こったことにより、品薄状態に陥ってしまった模様だ。

 これまで、感染が拡大している地域では、マスクや医療品の他、トイレットペーパーや食品といった一般的な物資も品薄状態が続いている。これは、主に不安に駆られた消費者が殺到し、買い占め騒動が起こっているためだ。

 Nintendo Switchも例外ではない。どうやらゲームは生活必需品と同様に、人々の生活に欠かすことが出来ないアイテムとみなされるようになっているようだ。

■Nagata Tombo
ライターであると同時にIT、エンタメ、クリエーティヴ系業界にも出入りする。水面下に潜んでいたかと思うと、大空をふわふわと飛びまわり、千里眼で世の中を俯瞰する。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる