『ドラクエタクト』クローズドβテストで感じた、期待以上の“ドラクエらしさ”

『ドラクエタクト』クローズドβテストで感じた、期待以上の“ドラクエらしさ”

 2020年2月に開発が発表されたドラゴンクエストシリーズの最新作『ドラゴンクエストタクト』(以下、ドラクエタクト)は、年内のリリースを予定する今年注目のスマホアプリだ。

 2月27日にはクローズドβテストも開始され、一部のプレイヤー限定ではあるが、ついに初お披露目となった。この展開に熱が高まっているファンも多いのではないだろうか。

 今回は本作の概要を踏まえ、実際にクローズドβテストに参加しての所感をまとめていく。ドラクエらしい遊び心に満ちた同作。期待を裏切らない設計に、正式リリースへの待ち遠しさだけが募ってしまった。

『ドラゴンクエストタクト』とは

『ドラゴンクエストタクト』ティザームービー

 『ドラクエタクト』は、スクウェア・エニックスが送り出すドラクエシリーズの最新スマホアプリ。シリーズに登場する数々のモンスターを指揮しながら、クエストバトルの勝利を目指すストラテジータイプのRPGだ。

 2020年2月5日、開発とあわせて同年中のリリースが発表された同作。13日にはiOSとAndroid各10,000名限定でクローズドβテストの参加者が募られ、27日よりテストが開始された。20,000名の枠に応募者が殺到したようで、募集はもう打ち切られている。『ドラクエタクト』への高い注目度がうかがえる状況だ。

 これまで『ドラクエ』リーズからは、『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』『星のドラゴンクエスト』『ドラゴンクエスト ライバルズ』『ドラゴンクエストウォーク』など、数々の人気アプリがリリースされてきた。『ドラクエタクト』はそれらに続くシリーズ最新作。正式リリース前にして既に話題を呼ぶ、稀有な作品となっている。

『ドラゴンクエストタクト』ストーリー

“その昔、邪悪な魔王がこの世界「オルクステラ」を破滅へと導かんとした時
伝説のタクトを持ったひとりの人間と、その仲間(モンスター)たちが立ち上がった。
その人間は、仲間たちを指揮し、仲間たちはこれに応え、
互いに信頼し合い、激しい戦いの末、見事魔王を封印することに成功した。
世界は平和になった。しかし…この者たちの物語は、なぜか語り継がれることはなかった…
時は経ち…
このオルクステラに、ふたたび魔の手が迫ろうとしていた…”

クローズドβテストで『ドラクエタクト』をプレイして

 2月27日より開催となったクローズドβテストでは、正式リリースに先立って『ドラクエタクト』の世界を体験できた。気になるゲームシステムだが、シリーズ初のシミュレーションRPGながらドラクエの良い部分をしっかり詰め込んだものとなっていた。

 クエストの舞台となるのは、10マス×10マスほどのマップ。その中に最大5体の味方モンスターを配置し、クエストごとに決められたクリア条件(「ボスモンスターを倒す」「全てのモンスターを倒す」など)の達成を目指していく。

 各モンスターには、それぞれ2~3つの「とくぎ」(低ランクのモンスターは2つ、高ランクのモンスターは3つ)が用意されており、それらを駆使することで爽快感を味わいながらスムーズに攻略を進めることも可能だ。

 また、あらかじめ用意されたものの他に1つだけ、プレイヤーがアイテムを使い、自由に「とくぎ」を習得させられるスロットもある。今回のテストの段階では当該アイテムのバリエーションが限られていたが、正式リリース後には多くのアイテムが実装され、パーティーの自由度もより高くなってくるのではないだろうか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる