乃木坂46白石麻衣、圧倒的な『ボンバーマン』の腕前見せつける 「実はめちゃくちゃやってました!」

 毎週日曜日0時から放送されている、乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)。2月23日の放送回は、前週から続く『世代間ギャップバトル』の完結編として、メンバーとバナナマンによるゲーム対決や、クイズ勝負を繰り広げた。

乃木坂46『夜明けまで強がらなくてもいい』(Tyep-C)

 まずは「世代別 テレビゲーム対決」として、スーパーファミコンの『スーパーボンバーマン』、Wiiの『マリオカートWii』、Nintendo Switchの『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』でメンバーとバナナマンが勝負。『スーパーボンバーマン』の対決前には、設楽統(バナナマン)から「やったことある?」と聞かれた白石麻衣と新内眞衣が「やってましたー!」と興奮気味に答えると、設楽は「日村(勇紀)さん、オリジナルの技を持ってたから」と紹介し、同作での対決に自信をのぞかせた。

 そうして始まった白石麻衣(ベテランチーム)、大園桃子(中堅チーム)、筒井あやめ(10代チーム)、日村(40代チーム)による対決だが、伏兵・大園が日村を倒し、最終的には白石が圧倒的なテクニックで1位に輝き「実は(ボンバーマン)めちゃくちゃやってました」と得意げにアピールした。あまりの悔しさに日村から泣きの一回を打診されたが、またしても大園が日村を撃破。そんな大園を白石が倒し、またしても白石が勝利を掴んだ。

 続く『マリオカートWii』対決では、新内(ベテランチーム)、星野みなみ(中堅チーム)、清宮レイ(10代チーム)、設楽(40代チーム)がマッチアップ。超真剣な顔で独走を見せ、日村に「10代って速い!」と言わしめた清宮だが、ラスト1週はゴール直前まで誰が勝ってもおかしくないデッドヒート。最終的には清宮が勝利し、設楽は「最後にごぼう抜きされたー!」と悔しそうな表情を見せた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!