シャープ、国内初5Gスマホ『AQUOS R5G』発表 8K動画対応&4眼カメラを搭載!

シャープ、国内初5Gスマホ『AQUOS R5G』発表 8K動画対応&4眼カメラを搭載!

 シャープ株式会社は、2020年2月17日第5世代移動通信規格「5G」に対応した最新フラッグシップモデル『AQUOS R5G』を発表した。日本国内で5Gサービス提供が開始される今春の発売予定だ。

 『AQUOS R5G』は、国内でも販売されている『AQUOS R3』の後継モデルとなる。最大の特徴は、『AQUOS』シリーズ初の8Kワイドカメラを含む4眼の背面カメラ。構成は、約1,220万画素(標準)F値1.7レンズ、4,800万画素(超広角)F値2.9レンズ、約1,220万画素(望遠)F値2.7レンズ、ToFカメラを備える。

 初の8Kワイドカメラは、120°と広い画角で撮影が可能でフルHDの16倍となる8K解像度(7,680×4,320ドット)の静止画や動画が撮影可能。また、シャープ独自開発のAIを採用。動画に映った人やペット(犬、猫)を自動で認識し、ズームして再生する「フォーカス再生」機能も備えている。その他に、4つのカメラを複数同時に駆動させ、静止画と動画の同時撮影が行えるなど、『AQUOS R5G』では大幅にカメラスペックを向上させている。

 ディスプレイは、約6.5インチクアッドHD+(3,168×1,440ドット)の「Pro IGZO」液晶ディスプレイを採用。液晶テレビ『AQUOS』の高画質化技術を応用した「リッチカラーテクノロジーモバイル」により、10億色の表現を実現させている。また、周囲の明るさや色温度に応じてホワイトバランスを自動で調整する「スマートカラーマッチング」機能や、コンテンツに応じて輝度などを自動で調整する「HDRエンハンサー」機能を搭載。バッテリー容量は、3,730mAh(内蔵電池)を備えている。

 CPU(SoC)にSnaodragon 865を採用、パフォーマンスは『AQUOS R3』から約25%の性能向上している。メモリは12GB RAM (LPDDR5)、ストレージは256GBを搭載。新規格Wi-Fi6にも対応で、高速かつ安定した通信を楽しめる。

 国内で初となる、次世代移動通信規格「5G」に対応。ただし、6GHz未満の周波数帯「Sub6」には対応しているが、28GHz帯など高周波数帯の“ミリ波”には非対応だ。

 本体サイズは、約162mm×約75mm×約8.9mm(縦×幅×厚さ)、重さは約189g。OSは、Android 10、安心のIP68防水防塵対応、おサイフケータイも搭載されている。本体カラーは、アースブルー、ブラックレイ、オーロラホワイトの3色展開。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる