新型コロナウイルスの影響で感染病ゲーム『Plague Inc.』が大流行 メーカーが緊急声明を出す事態に

新型コロナウイルスの影響で感染病ゲーム『Plague Inc.』が大流行 メーカーが緊急声明を出す事態に

開発元『Ndemic Creations』が緊急声明を発表

 今回の事態を受けて『Ndemic Creations』は公式サイト上で、下記のように声明を発表している(参考:https://www.ndemiccreations.com/en/news/172-statement-on-the-current-coronavirus-outbreak)。

 「中国でのコロナウイルスの発生は深刻で懸念されており、プレイヤーやメディアから多くの質問を受けています。
 『Plague Inc.』は8年前にリリースされ、病気が蔓延する度にプレイヤーが増加しています。人々は病気の広がり方やウイルスを理解しようとしています。
 現実世界の深刻な問題をセンセーショナルにすることなく、リアルで有益なゲームになるように設計しました。しかし、『Plague Inc.』は科学的なモデルではなくゲームです。
 現在のコロナウイルスの発生は、多くの人々に影響を及ぼしている、非常に現実的な状況であることに留意してください。プレイヤーには、保健機関から直接情報を取得することを勧めます」

 『Plague Inc.』をプレイして、感染病への理解や意識を高めるのは、意義のあることだろう。しかし、ゲームの内容を全て鵜呑みにして、コロナウイルス対策に使うのは問題とのことで、バーチャルな世界と現実のリスク管理を混同して考えてしまうことには、くれぐれも注意したい。

■Nagata Tombo
ライターであると同時にIT、エンタメ、クリエーティヴ系業界にも出入りする。水面下に潜んでいたかと思うと、大空をふわふわと飛びまわり、千里眼で世の中を俯瞰する。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる