新型コロナウイルスの影響で感染病ゲーム『Plague Inc.』が大流行 メーカーが緊急声明を出す事態に

新型コロナウイルスの影響で感染病ゲーム『Plague Inc.』が大流行 メーカーが緊急声明を出す事態に

 新型のコロナウイルスが急速に拡大している中国の湖北省武漢から、在中邦人がチャーター機で緊急帰国をする事態になっている。帰国者の中には、入院し肺炎と診断されている人も出ている。

 イギリスのゲームスタジオNdemic Creationsが配信する『Plague Inc.』(プレイグインク)は、病原体をつくり、世界全体に感染を広げて、人類を滅亡させるシミュレーションゲームだ。

 もともとは病気の大流行と伝染について公衆に教育するツールとして開発されたものだが、『SensorTower』によると『Plague Inc.』は1月21日に中国の有料iOSアプリダウンロードチャートでトップに到達したという(参考:https://sensortower.com/ios/cn/ndemic-creations/app/plague-inc-wen-yi-gong-si/525818839/overview)。

「単なるゲーム」だが「悲惨なほど関連性高い」

 『The Verge』は「中国でのコロナウイルスの発生後『Plague Inc.』の人気が急上昇。開発者は、単なるゲームであることをプレイヤーに念押し」と報じている(参考:https://www.theverge.com/2020/1/27/21083737/plague-inc-developer-coronavirus-outbreak-game-popularity-china)。

 『Mashable』は、ビデオゲーム『Plague Inc.』が、進行中のコロナウイルスにより人気が急騰。悲惨なほど関連性の高いゲームだ」と報じている(参考:https://mashable.com/article/coronavirus-plague-inc-video-game/?europe=true)。

 開発元のNdemic Creationsは『Plague Inc.』がエンターテイメントであり、病気の拡散をモデル化する科学的なツールではないとし、「楽しいかもしれないが、救済することはできない」と強調している。

 Ndemic Creationsの創設者ジェームズ・ヴォーガン氏は、西アフリカでエボラウイルスが流行した2014年に『Plague Inc.』への影響を初めて確認したと述べる。その際『Plague Inc.』無料版のダウンロードは、50%増加したという(参考:https://www.polygon.com/2020/1/27/21083420/plague-inc-player-boost-coronavirus-outbreak)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる