ヒカキン、オーストラリア森林火災で募金呼び掛け「おやつはコアラのマーチで」

 YouTuberのヒカキンが1月21日、オーストラリア森林火災の被災地への募金を呼び掛ける動画を投稿した。

【拡散希望】ヒカキンと一緒にオーストラリア森林火災の被災地に募金しませんか?【コアラを助けたい】【寄付の方法】

 昨年9月から続くオーストラリア史上最悪の森林火災。その被害規模はすさまじく、北海道よりも広い1000万ヘクタールが焼失し 25人あまりの人が亡くなり、5億匹~10億匹の動物が焼け死んでしまったとされている。

 こうした状況に心を痛め、「少しでも何かできることをしたい」と思い立ち、今回の動画を投稿したというヒカキン。動画の中では、「オーストラリア赤十字社」や、野生動物のレスキューをしている「ポート・マッコーリーコアラ病院」といった募金先をいくつか紹介し、さらにはいつものように、実際に自分が募金する姿を通してそのやり方をレクチャーしていた。

 また、ヒカキンは数十個、あるいは数百個にも及ぶコアラのマーチを部屋中に敷き詰めて、「このコアラのマーチを買うだけで、少しでもコアラのためになるよ」と言い、コアラのマーチの箱に刻印されている「コアラ基金マーク」の存在を説明した。コアラ基金は、オーストラリアのコアラ保護・研究機関で、今回の森林火災のために設立されたものではない。しかしヒカキンは、「今後、オーストラリアのコアラに少しでも力になれるのではないか」とした上で、「おやつは、コアラのマーチで」と呼びかけた。

 ヒカキンが繰り返し「拡散してほしい」と呼びかけていたこの動画。CMは一切流れず、収益化もされていない。つまり、「森林火災被災地の力になりたい」という善意のみで投稿されたものなのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる