嵐のドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』、Netflixにて配信 活動休止までの1年間を追う

 嵐のドキュメンタリー番組『ARASHI’s Diary -Voyage-』が、2019年12月31日よる5時よりNetflixにて全世界独占配信を開始。あわせて、予告編が公開された。

『ARASHI’s Diary -Voyage-』予告編

 本作は、嵐が2020年12月31日に活動休止するまで、約1年間にわたって彼らの姿を映し出す、Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ。毎月配信されるエピソードでは、これまでのアーカイブ映像に加え、嵐の“今”を切り取っていくという。 1999年のデビュー時に「世界中に嵐を起こす」と宣言した言葉通り、英語・フランス語・ドイツ語・ヘブライ語・アラビア語など28カ国語の字幕付きで、全世界190カ国に配信される予定だ。

 あわせて公開された予告編には、嵐が1999年にデビューしてから今日までの軌跡を追うかのように、これまでのライブ映像の一部が収められている。

松本潤(嵐)コメント

20年活動してきた僕らが、2020年末で活動休止するのはナゼか。そして、僕らがその時“何を思い、何をしたか”その瞬間を一年間、伝えていきたいと思います。 僕自身、どんなドキュメンタリーになるのか今は想像がついていませんが、嘘偽りのない僕らがそこに映っています。Netflixと組むことで世界190カ国、28の言語の字幕付きの配信が実現しました。今まで僕らを知らなかった方にも、「日本にはこんなエンターテインメントがあったんだ」と興味を持ってもらい、日本の文化や人間性に触れてもらうきっかけになったら嬉しいです。

坂本和隆(Netflixコンテンツ・アクイジション部門ディレクター)コメント

日本を代表するアーティストである嵐。彼らを応援する国内外のファンへの想い、また誰も観たことのない一面までもを映し出したドキュメンタリーシリーズとして、Netflixメンバーへお届けできることを大変嬉しく思います。Netflixは嵐の活動休止までの旅路をともに歩み、2020年12月までの一年間、この作品を皆さまに観ていただけることを楽しみにしております。

■配信情報
Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary -Voyage-』
12月31日(火)より、Netflixにて全世界独占配信
全20話以上(※毎月不定期配信予定)
出演:相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔
演出:原田陽介
エグゼクティブ・プロデューサー:藤島ジュリーK.、坂本和隆(Netflixコンテンツ・アクイジション部門ディレクター)
字幕言語:アラビア語、中国語:繁体字、中国語:簡体字、デンマーク語、オランダ語、英語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、ノルウェー語、ブラジルポルトガル語、ポルトガル語、スペイン語、カスティリアンスペイン語、スウェーデン語、ポーランド語、トルコ語、ベトナム語、タイ語、ヘブライ語、ルーマニア語、ギリシャ語、インドネシア語、ロシア語、チェコ語、ハンガリー語
Netflix番組サイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!