ついにフィッシャーズ・シルクも……相次ぐYouTuberの体調不良で考える、休息の必要性

 10月23日には同じフィッシャーズのメンバー・ンダホが突発性難聴、その前日にはセイキンが過労によって救急搬送されたことを明かす動画を公開するなど、最近、YouTuberの“体調不良告白”が相次いでいる。症状は様々だが、ほぼ毎日の動画投稿を始めとする多忙さゆえに、心身のメンテナンスが行き届かず倒れてしまう、というケースが多いようだ。

 取り返しのつかない異変の見落としをしてしまう前に、YouTuberにも働き方改革が必要なのかもしれない。そんななかで、日本のYouTuber業界を代表する“鉄人”であり、特に子供たちにとっては憧れのヒーローと言って差し支えないシルクが、動画で正直に不調を告白したことには、大きな意味があるように思える。つまり、「抜群の運動神経と強靭な精神力を兼ね備えたシルクにも休息が必要なのだから、自分も無理はしすぎないように」と思えるクリエイターは少なくないはずだからだ。

 日々、視聴者を楽しませている動画クリエイターたち。彼らが心身ともに健康な状態で、より良い動画を提供してくれる環境が生まれることを願いたい。

■こじへい
1986年生まれのフリーライター。芸能・スポーツ・音楽・カルチャーのコラム・リリース記事から、ゲームのシナリオ、求人広告まで幅広く執筆中。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!