世界のモバイルゲーム市場レポート 日本は世界第3位、王座は中国からアメリカへ

世界のモバイルゲーム市場レポート 日本は世界第3位、王座は中国からアメリカへ

 ゲーム専門の調査・分析を行うNewzooは9月17日「Global Mobile Market Report」(世界のモバイル市場レポート)を発行した(参考:『Newzoo』)。

日本の女性は、モバイルファーストゲーマーの傾向

 ゲーム市場全体(モバイル、コンソール、PCを含む)で日本は世界第3位であり、今年の収益は190億米ドルだ。

 データによると、日本のモバイルゲーマーは頻繁にモバイルゲームをプレイするが、1週間あたりの平均時間は6時間未満であり、これらのプレイヤーは短時間でプレイすることを示唆している。特に、女性のモバイルゲーマーは、より多くプレイする傾向があるという。2019年には、女性の半数以上(54%)と男性の44%が1週間に5日以上プレーしていることが明らかになった。

 さらに、日本の女性は全体的に男性のモバイルゲーマーが多いにもかかわらず、モバイルファーストゲーマー(主にモバイルでプレイするゲーマー)である可能性が高い。日本のモバイルファーストゲーマーの半分以上(55%)は女性で、男性は45%だ(参考:『Newzoo』)。

世界のスマホユーザーは32億人、スマホは38億台

 世界中のスマートフォンユーザーの数は今年32億人(合計38億台)に増え、前年比で8.3%の成長を遂げている。中国だけでこの数字の4分の1以上を占め、今年は8億5120万台以上の端末があることがわかっている(参考:『Newzoo』)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!