魔法の筆で街に明かりを灯す 『アッシュと魔法の筆』体験レポート

魔法の筆で街に明かりを灯す 『アッシュと魔法の筆』体験レポート

 10月10日に発売するPlayStation(R)4用タイトル『アッシュと魔法の筆』。今回は『東京ゲームショウ2019(TGS2019)』で試遊することができるので、その体験レポートをお届けしたい。

モーションを使う目新しさ

 皆さんはPS4コントローラーに「モーションセンサー」が付いていることをご存知だろうか。子供から大人まで楽しめる大人気シューティングゲームで使われているモーションセンサーだが、PS4のコントローラーにモーションセンサーが搭載されているのには、なかなか気付かないかもしれない。

 そんなモーションセンサーをフル活用するゲームが、『アッシュと魔法の筆』だ。

筆で世界に明かりを灯す

 このゲームでは、モーションセンサーを使って”かいぶつ”を描き、街に光を灯す。アッシュは魔法の筆を使って、街の壁に絵を描くことができるのだが、壁に落書きしているような感覚で、これが楽しいうえ、いけないことをしているようなそんなドキドキ感も味わえる。

 描くことの出来る絵も様々で、基本となる模様を選んで好きに配置することができるし、大きさはもちろん、木や草の模様なら方向さえも自分で決めることが可能だ。

”かいぶつ”に命を吹き込む

 アッシュは魔法の筆で”かいぶつ”を呼び出すことができる。”かいぶつ”は自分で筆を使って描くことができ、胴体や手足はもちろん、触覚や帽子なども描くことが出来るので、自分だけの”かいぶつ”をデザインして遊ぶことも楽しみのひとつだ。

 4本足でも2本足でもしっかりと動いてくれるし、胴体を逆さにして頭を下にしてもちゃんと動いてくれる。自分が作ったキャラクターが動くというのは、かなり特色のあるシステムだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!