ヒカル、タクシーで1万円のチップを渡す企画を実施 「ある意味、人の命を預かる仕事やん」

 人気YouTuberのヒカルが8月12日、自身の公式チャンネルにて、タクシー運転手にチップとして1万円を渡す動画を公開した。

 毎日のようにタクシーを利用し、多い時で月に100万円がタクシー代に消えるというヒカル。今回は、「日頃お世話になっているタクシー運転手の皆さんに恩返しをする」という趣旨のもと、感謝の気持ちとして1万円を手渡した際にどのようなリアクションをするのか検証していくことになった。

 検証の舞台は東京・渋谷。流し運転をしているタクシーを片っ端から捕まえて、1メーターもいかないうちに降車し「あ、お釣り大丈夫なんで」と1万円を差し出していくという大盤振る舞い企画だ。

 この思いもかけない提案に、1人目の運転手は「いらないんですか!?」と驚愕。「いやいやいやいや……」と最初はためらいながらも、最終的には「チップみたいなもんやと思ってもらって」と言うヒカルの押しに負けて、「本当にいいんですか?」とその高額過ぎるチップを受け取っていた。

 2台目のタクシーを停めたところで、奇跡が起きる。乗車して運転手の顔を見たヒカルは「ああ!!」と驚嘆し、カメラマンから「どうしたんすか?」と聞かれると、「4回目です!」と答えた。なんと、同じ運転手と4度目の邂逅を果たしたらしく、「すごい確率ホンマに! 奇跡やろこれ!」と大興奮。運転手のほうもヒカルを4回乗せた偶然にただただ目を丸くし、肝心の「チップ・1万円」には、それどころじゃないといった風に薄いリアクションを示していた。

 運転手から動画映えする好リアクションを引き出すべく、途中からヒカルは「10秒だけ乗って降りてみよう」と作戦変更。言葉通りに、「センター街のほうにお願いします」と言った舌の根も乾かぬうちに、「あ、やっぱこの辺で停めてもらっていいですか?」と指示。例によって1万円をプレゼントすると、「えっ? 1万円!?」と驚きつつ、ヒカルから「いつもお世話になってるんで」とゴリ押しされると、「いいんですか? うわぁ……」と満面の笑みを浮かべて受け取っていた。

 降車後、ヒカルは運転手が喜んでくれたことに対して「めちゃくちゃなんか……うれしかったわ!」と一言。「タクシー運転手の仕事って、結構リスキーな仕事やと思うんやって。事故ったら1番怖いやん? これってある意味、人の命を預かった仕事やん。いつも俺も身の安全を運転手さんに委ねてるんでね」と、日常的にタクシーを利用しているからこそ感じる思いを語った。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!