>  > 『YouTube Space Tokyo』が渋谷へ

“YouTuberの拠点”が渋谷の中心に誕生 『YouTube Space Tokyo』2020年移転

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アーティストや動画クリエイターの活動を支援してきた『YouTube Space Tokyo』が2020年、スケールアップして渋谷の中心に登場する。

YouTube Space Tokyo』イメージ:YouTubeより

 2013年2月、日本とアジアのクリエイターの創作活動を支援するスタジオ施設として、六本木ヒルズ内にオープンした『YouTube Space Tokyo』。2017年10月のリニューアルにより、現在はスタンディングで300名収容のスタジオとなり、森山直太朗やOK GOなどの有名アーティストから、はじめしゃちょーを始めとするトップYouTuberまで、多くのクリエイターが制作や配信の現場として活用してきた。

 『YouTube Space Tokyo』の利用に際しては、「チャンネル登録者数が1万人以上のチャンネル」、または「YouTube非営利プログラムに登録済みで、チャンネル登録者数1000人以上」という条件こそあるが、撮影スタジオ/グリーンスクリーン/レコーディングスタジオ/編集ルームなどの施設と最先端の映像制作用機材を、なんと無料で提供している。必ずしも周知されているとは言い難いところだが、限られた予算で活動する若手クリエイターが飛躍するためにはもってこいの施設であり、渋谷への移転により、さらに注目を集めそうだ。

 というのも、2020年に渋谷駅付近に竣工予定の新たな『YouTube Space Tokyo』は、ビル一棟すべてが撮影のためにデザインされており、総面積は5フロアで約1768.94平方メートル(予定)という規模。これは、東京以外にNY、ロンドン、LA、リオデジャネイロ、トロント、ムンバイ、ベルリン、パリ、ドバイと世界に10カ所で展開している「YouTube Space」のなかでも、最も大きい投資の一つになるという。

 2020年、東京五輪の開催で世界から注目を集める日本。新たな『YouTube Space Tokyo』は、世界に日本の文化やクリエイティビティを発信する拠点になりそうだ。

『YouTube Space Tokyo』イメージ:YouTubeより

(文=編集部)

「“YouTuberの拠点”が渋谷の中心に誕生 『YouTube Space Tokyo』2020年移転」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版