>  > 有吉弘行がYouTuberの“作家事情”を語る

有吉弘行がYouTuberの“作家事情”を語る 「YouTuber専門の構成作家もいるんだって」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月7日放送のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』にて、有吉弘行が、YouTuberの“作家事情”を話していた。

 メールテーマである「新年度」にちなんだトークを繰り広げるなか、有吉は今月のアシスタントである関太(タイムマシーン3号)と酒井(アルコ&ピース)の2人と、漫才協会についての話をしていたようで、「漫才協会に磁石とかインスタントジョンソンとか、新しいメンバーが色々入ったということで。関に『タイムマシーン3号は入ってないのか?』って言ったら、入ってないっていうし、『そうか。なんかやった方がいいな』って聞いたら『YouTuberになりたい』って」と、関がYouTuberを志望したことを告白した。

 これを関が必死に否定するも、有吉は「応援してやるって」と言いながら「今は高井さん(構成作家の高井均氏)に聞いたら、YouTuber専門の構成作家もいるんだって」と、YouTuberに関わる構成作家が増えているという事情を明かした。

 有吉は続けて「そういう意味では福田(構成作家の福田卓也氏)が『関さんがYouTuberになるんだったら、専属の作家やります』って自ら手を挙げて言うから(笑)。関と福田でYouTuberやるって決定したんだよね。コーラにメントス入れて」と、やり尽くされたYouTuberの定番ネタを勧めながら「YouTuberネームは?」と詰め寄る。

 関は「えーっと、メントスです!」と反射的に答えつつ「違うんです、全部逆のこと言ってるんです。俺はイヤだって言いましたし」と否定した。これに対し、有吉は「『80kg痩せてみた』とか『米津玄師、歌ってみた』とかやろうよ」と提案するが、関は改めて「歌ってみたとか痩せてみたとか、みんなやってますし、無理ですよ」と冷静に反論。有吉は「女子中高生は古いと思うかもしれないけど、次の令和生まれの子供たちは新鮮だと思うわけだから」と、なんとなくベタなネタをやらせたいわけではないことを説明した。

 すると関は「そうかもしれないですけど」と少し納得しながら「でもコンビで活動してるわけですから、いきなりそれは……」と渋るが、有吉からは「キングコングの梶原もやってるじゃん」と反論される一幕も。

      

「有吉弘行がYouTuberの“作家事情”を語る 「YouTuber専門の構成作家もいるんだって」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版