>  > ゴールデンボンバー「新元号・令和ソング」作成の生配信開始

ゴールデンボンバーが「新元号・令和」発表から3~4時間で「新元号ソング」作成の生配信スタート

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月1日に発表される新元号の発表を受けて、ゴールデンボンバーが即座に「新元号ソング」をレコーディング・発表。その模様をLINE LIVEで中継する。

 楽曲はその場で全てを作るわけではなく、新元号以外の作れる部分は全てすでに作っておき、レコーディングスタジオから生配信。パソコンも持ち込んでいてすぐに編集し、仮のPVも放送中に公開できるように進めるという。ジャケット写真も仮のものだが、一旦作るところまでは進み、iTunesストア、レコチョク、Apple musicにて即時配信。ここまでを発表から3〜4時間でやってしまおう、という驚きの施策だ。

 放送が始まったあと、鬼龍院翔は「僕らだからこそできることで、メジャーレーベルじゃないからフットワークも軽く動ける。決してバカにしているわけじゃない」と企画意図を丁寧に説明し、中継へと備えた。なお、中継URLはこちら(終了した場合はこちら)で、今回発表した楽曲は4月10日にCDリリース(タワーレコード、amazon、事務所公式通販サイトsilkroad storeのみ)される。その他店舗では4月17日より発売予定だ。

(文=編集部)

「ゴールデンボンバーが「新元号・令和」発表から3~4時間で「新元号ソング」作成の生配信スタート」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版