THE RAMPAGE・陣&RIKUが“PIZZAアクロバット”で美技披露 「ステージ終えたくらいの達成感!」

THE RAMPAGE・陣&RIKUが“PIZZAアクロバット”で美技披露 「ステージ終えたくらいの達成感!」

 THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの初冠番組『てっぺんとるぞ THE RAMPAGE シーズン2』の第14回が、2月13日にGYAO!で無料配信された。毎週水曜日に更新される同番組は、日本のエンタメ界のてっぺんを取るために、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバーが様々なてっぺんを獲るべく修行に励むというもの。第14回目の放送では、リーダーの陣とボーカルのRIKUが、前回に引き続き、ピザ生地を回転させる技術を競う「PIZZAアクロバット」に挑戦した。

 前回の配信において、PIZZAアクロバットの世界大会5連覇を成し遂げた“てっぺんの男”赤荻一也から直々にレクチャーを受け、抜群のセンスで基本技を次々とマスターしていった陣とRIKU。今回は、それらの技をリズムよく組み合わせていき、一つのパフォーマンスにすることを目指していったのだが、やはり筋が良い2人は少し練習しただけで、あっさりと教えられた動きを自分モノに。

 苦戦してくれたほうが番組的に面白いのは言うまでもない。にもかかわらず、陣とRIKUがあまりにも簡単そうにピザ生地に模した練習用ラバーを操っているため、ロケに同行したスタッフは「取れ高が足りない」と、危機感を募らせていたのだろうか。つい耐えかねて、2人を教える赤荻へ「これって本当に難しいんですよね?」とタブーともいえる質問を投げかけてしまった。すると、赤萩は「何言ってんの? 本当に難しいって何回も言っとるやろ!!」と冗談っぽく激怒。練習用ラバーを地面に叩きつけて、「2人がクレイジーなんだよ!」と、改めてその才能を称えていた。

 その後、陣&RIKU、それに赤荻も加えた3人で、音楽に合わせたフォーメーションを組んでのパフォーマンスにもチャレンジ。初っ端こそ陣が失敗してしまったものの「今ので大体、音での感覚は掴めたので、次大丈夫です。これでも一応、プロとしてステージに立ってるので」と、グループのリーダーらしく威風堂々と宣言した。その誓い通りにしっかりと修正して、見事、パフォーマンスは成功。その瞬間、陣は「シャー! いけたー!!」と雄叫びを上げ「THE RAMPAGEのステージ終えたくらいの達成感があります!」と嬉しそうな表情で語り、RIKUも「間違いない!」と同意していた。

 なお今回の収録は、PIZZAアクロバットの難易度を考慮して、もともと練習用ラバーのみを使用して終了する予定だったらしい。それが想定以上に2人が巧者だったため、急きょ、ホンモノのピザ生地でトライすることに。さすがにラバーと感触・重さが違うため苦戦を強いられたものの、それでも何とかパフォーマンスをカタチにして見せ、赤荻からも「すごいいい連携でした!」とお墨付きをもらっていた。

 アクロバットはここまで。続いては、陣とRIKUでオリジナルPIZZA対決を行うことに。手掛けるPIZZAの種類は、 デザート用の甘い「ドルチェPIZZA」。厨房に並べられたフルーツやチョコレート、プリンなどスイーツの具材を組み合わせていくため、スイーツ好きな女子の心を熟知しているかが勝敗のカギとなる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる