>  > 『テラスハウス』猛進の第44話

『テラスハウス』猛進の第44話 川谷絵音のアドバイス受け、休日課長が“攻めの和田”に?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 理生がリビングで愛大に、利沙子とのデートプランを話している。ランチを手作りし、滝を見に行くという。「日が経つごとに利紗子への思いが増している」と打ち明ける理生だが、恋が膨らむ時間に対し「超早え~」と驚く愛大。「10年後にもう一回同じ場所に行って、“ここが最初のデートだったね”と言って抱きしめたい。もっと知りたいんだよなあ、あいつのことを知りたいんだ」と、利沙子への歯止めの効かない思いを打ち明けた。

 愛大は、利沙子が食べたいと言っていたパン屋へ理生が買い出しに行く際の運転役を買って出ることで恋を応援する。現在のテラスハウスは、それぞれの恋の相手が違うので協力的な姿が見て取れた。

 理生は買ってきたパンとお手製のスープで利沙子をもてなすことに。リビングに入ってきた利紗子は、理生が手作りの昼ご飯を用意してくれたことに「すごい!」と大喜び。そして「早朝から食材を買いに出かけ、朝イチで行かないと手に入らない人気のパンも手に入れてくれた」と、理生の努力に丁寧に感謝の気持ちを述べた。「ホントに美味しい」と感嘆の声を上げる利紗子に「よかった、その言葉を待ってた」と嬉しそうな理生。ランチのあとのお出かけにも誘い、デートは順調に進む。

 白糸の滝入口に到着すると、2人は遊歩道を歩き景色の美しさを楽しんだ。メインの大きな滝の前まで来ると、スマホでツーショットの自撮りをする2人。理生は6年彼女がいないと言いつつ、巧みなトークと自然なエスコートで利沙子をもてなした。撮影した写真に対して理生は「お父さんみたい」と少ししょんぼり。利沙子は笑顔で滝を楽しんでいた。

 2人はレトロな雰囲気の喫茶店を訪れる。「今日は最高の一日でした」と理生が言うと、利沙子は「めっちゃ考えてくれましたよね、本当に楽しかった」と感謝の言葉を述べる。理生が早起きをしたり、クローズしているお店が多い中喫茶店を見つけてくれたりなど、手をかけたデートを用意したことに喜んでいた。そして利紗子は理生のライブに行ってみたいと話す。「来てよ! さすがにこのままじゃ、ただの優しいおじ(さん)……料理長だから」と茶目っ気たっぷりに返す理生。

 DADARAYのライブに利紗子を招待すると話した。利沙子は「テラスハウスの皆で応援に行くね」と約束を交わす。そして理生が最後に「また違う感じで行けたらいいなあ」とデートに誘う。利沙子は「ぜひ、料理も、ダイエットも頑張りましょう」と同意とも否定とも取れない回答でデートは幕を閉じた。

 その後も、理生がブランデー入りの紅茶を飲んだことで、利沙子に「酔いました? 大丈夫ですか?」と心配されると「今、変なことを言いそうになっちゃった。君に酔っちゃったみたいな」と返すなど利沙子に猛アプローチ。思わず苦笑いされてしまうのであった。利沙子の気持ちはまだ、そこまでヒートアップしていない様子だった。

 夜のリビング、理生がスパゲッティを作り愛大と食卓を囲む。愛大に「滝はどうだったか」と聞かれ、デートがミスなく笑顔で終了したことを報告した。「最後、喫茶店行って」のくだりで愛大が喫茶店の“キッ”の部分をキスと聞き違え、「キスしたって言うのかと思った」と言うと、理生は大笑いをした後に「キスしたかったわ」とポツリ。そこに帰宅したまやも夕食の席に加わり「りっちゃん、楽しそうでした?」と質問をした。

  理生は「俺は楽しそうに見えた」と言いつつも「逆にいつも笑顔だから、わかんねえなと思って」と本音をのぞかせる。続けて「俺はもう完全に好きっていうスイッチ入ってるから」と言い「え? もう好きなの? おじさんってこんな早いの?!」とまやに一蹴される。「一回ハマると恋ってもう抜け出せないんだよ」と真顔で話す理生に「おっさん、おっさん!」と笑っているまやであった。1人の時も利紗子の事を考えがちだという理生は「俺って早すぎるかなあ」とほんの少しの戸惑いをのぞかせた。

 女子部屋で優衣に話を聞いてもらう利紗子。「(理生は)テラスハウスに入って一緒にお出かけした男子メンバーの中で一番楽しかった」と報告。利紗子の事をよく考えてくれていたのが伝わったことが嬉しかったようだ。優衣が「男の人としてかっこいいと思った?」と質問すると「中身は本当にかっこいいと思った、でもなんか……おなかが気になっちゃったから、ダイエット手伝おうかなと思った」と笑顔。

 優衣はそれに賛同。理生は前回、利紗子に脂肪燃焼コルセットを巻いてもらった際に、夜中まで外さずにいたのだという。優衣が「苦しくないんですか?」と心配すると、「もう体の一部になってます」と話し、ダイエットに真剣な様子だと明かした。利紗子はそれを聞いて「じゃあ、おなか痩せ、スパルタで行こうか」と理生のことを少しだけ気にかける様子を見せた。

 スタジオでは皆「いいねえ」と、理生と利沙子の恋を応援モード。だが山里亮太が「これはいい人止まりにはならないんですか?」と質問を投げかけると、YOUが「キスするには、やっぱりちょっとエロが入りますね、理生のエロがどう出てくるかですよ」と答える。理生はあと一歩踏み込めれば勝算があると思われている様子だった。

「『テラスハウス』猛進の第44話 川谷絵音のアドバイス受け、休日課長が“攻めの和田”に?」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版