>  > 『YouTube FanFest2018』レポート

来年はVTuber&ドラマがカギ? 最強YouTuberたちが未来示した『YouTube FanFest2018』レポ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeが主催する世界規模の祭典「YouTube FanFest」(以下YTFF)が12月11.12日に幕張メッセイベントホールで開催された。

 今年のYouTubeシーンを盛り上げたクリエイターたちが一同に集結したこのイベント。司会を水溜りボンドが務め、HIKAKIN、SEIKIN、東海オンエア、フィッシャーズなどが出演、今年のYouTube界を総括するイベントとなった。

 オープニングを飾ったのはHIKAKIN&SEIKIN。「今」のイントロが流れた途端、幕張メッセイベントホールに集まった10,000人以上のオーディエンスは序盤にも関わらず最高潮の盛り上がりを見せた。この規模でのイベントは初めてというHIKAKINだったが「広くて歌うのが気持ちいい」と存分にステージを楽しんだ様子だった。


 次にパフォーマンスを披露したのはアバンティーズ。tofubeatsがプロデューサーを務めた新曲「Play New Would」を高らかに歌い上げた。tofubeatsらしいシティポップの要素を含みつつ、アバンティーズの持つフレッシュさとエネルギッシュさが表れたステージは、彼らのこれまでの印象を大きく変えるものだった。まだまだ成長していくというアバンティーズの野心を感じさせるパフォーマンスと楽曲に多くの観客が沸き立った。

 続いては現在全国ツアー中のスカイピースが「雨が降るから虹が出る」「オタパリダンシン」の2曲を披露。YouTuber界でも高いパフォーマンス力に定評のあるふたり。その一挙手一投足に動画でのキャラクターそのままの人懐っこさが感じられた。仲のいい水溜りボンドと絡む時間がなく、名残惜しそうにステージを去るふたりの後ろ姿がなんとも印象的だった。

 ボカロPとして初めてYTFFに参加したのが、みきとPだ。12月20日に代官山LOOPでワンマンライブも決まっているみきとPだが、この日は盛大なコラボレーションでフロアを盛り上げた。「サリシノハラ」をしっとりと歌い上げたのち、「いーあるふぁんくらぶ」でフィッシャーズ、まあたそ、よきき、はなお、Ryuuu TV、スカイピース・イニ、はじめしゃちょーをステージに呼び込んだ。


 続く「ロキ」ではVTuberのキズナアイ、ミライアカリがダンサーとして参加。さらにボーカルにまじ娘を加え、熱量のあるパフォーマンスで会場のボルテージは最高潮に。この日出演者の中で最も多い3曲を披露したみきとPは、アーティストとしての実力をしっかりと見せつけ、ステージを後にした。

      

「来年はVTuber&ドラマがカギ? 最強YouTuberたちが未来示した『YouTube FanFest2018』レポ」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版