キズナアイ、KMNZ、X’Flare、somunia、ココロナキ……クラブで聴きたいVTuberのアンセムたち

somunia「summer leap」

ummer leap (short ver.) / somunia[Music Video]

 2018年7月末から活動を開始したバーチャルYouTuber「somunia」による楽曲。現在彼女のチャンネルに投稿されている動画は謎めいたプロローグと、「summer leap」のデモ、薬袋カルテの楽曲である「Stardust finding you」のカバー、及び2ndシングルのクロスフェードデモのみであり、ほぼ音楽メインの活動になっているようだ(謎めいたプロローグからストーリーが展開される可能性もあるが)。楽曲はローファイな雰囲気から始まり、サビではFuture bass的要素も見受けられる。

 10月末に開催される同人CD即売会イベント「M3」にて、前述した2ndシングル「Connected World」をリリース予定。作編曲にはgaburyu、Toccoyaki、Capchiiなどインターネットミュージックシーンで活躍するトラックメイカーが参加している。ここで紹介した「summer leap」は各種ストリーミングサイトで配信中、2ndシングルは11月から順次配信予定。

ココロナキ「Virthday」

【秋の重大発表】いろいろ発表しちゃいますよー!ななななんとーー!

※楽曲は動画概要欄から

 つい先日から活動を開始したばかりのバーチャルYouTuber「ココロナキ」によるオリジナル楽曲。キズナアイとは対照的に真っ暗な空間で目を覚まし、そこに出現した一台のスマートフォンからYouTubeやTwitterへ接続している。あと記憶喪失。生まれた瞬間から生まれてきた意味を模索した結果、どうやらバーチャルYouTuberとして生まれてきたらしい、ということに気づき、9月中旬から動画投稿を開始した。

 10月末のM3にて「オリジナル曲3曲入りCD付き同人誌」を頒布予定で、その中から「Virthday」がsoundcloudにて先行フリー公開された(ダウンロードも可能)。また他の2曲も順次フリー公開していく予定とのこと。サウンドは全体を通して煌びやかなエレクトロポップだが、アニソン感のあるバンド楽曲も収録されている。特に筆者は2曲目がオススメなのでクロスフェードデモをチェックしてほしい。作曲はぱしふぃこ氏だが、どうやらココロナキのために作られたアカウントらしく、詳細は不明である。

 今回はクラブで聴きたいバーチャルYouTuber楽曲を5曲紹介させて頂いた。「バの音楽事情」は週一回を目標に更新していく。もしバーチャルYouTuber関連の楽曲でおすすめのものがあれば、是非とも筆者のマシュマロまで情報を寄せて頂きたい。

■じーえふ
1995年生まれ。大学中退フリーター。バーチャルYouTuberに真剣。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる