乃木坂46中田花奈、最新作での「女子校カルテット」実現に感謝「皆さんが『好き』と言ってくれたおかげ」

乃木坂46中田花奈、最新作での「女子校カルテット」実現に感謝「皆さんが『好き』と言ってくれたおかげ」

 番組中盤には、各曜日の担当メンバーが、優勝賞品の「焼肉お食事券」をかけて競い合う「のぎおび選手権」のコーナーへ。今週の種目は「早口言葉何個言えるかな?」。これは、視聴者から早口言葉のお題を募集して60秒間ひたすら言っていくというもの。なお、あまりに簡単すぎるお題と噛んだ場合はノーカウントらしい。

 中田は、視聴者から何の早口言葉が良いか案を募り、「この竹垣に竹立てかけたのは竹立てかけたかったから竹立てかけたのです」をチョイス。この早口言葉のみを1分間でひたすら連呼するも度々噛んでしまい、結果は8回。前日に久保が達成した最高記録「13回」には及ばなかった。

 その次には、本日木曜出演メンバー・山崎怜奈への宿題を決めることに。中田は「れなちへ 『(1)猫耳をつける (2)中国語で自己紹介』を明日やってください!」と指定。配信のラストには、11月14日発売予定のシングル『帰り道は遠回りしたくなる』の収録曲「告白の順番」を、秋元真夏・桜井玲香・中田花奈・若月佑美からなる4人組ユニット「女子校カルテット」で歌うことについて触れ「若月(佑美)が今回で最後になるので、見納めにはなってしまうんですけど、皆さんが『女子校カルテットが好き』っていう思いを届けてくれたおかげで実現しました。ありがとうございます!」と感謝の気持ちを口にした。

(文=こじへい)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる