>  > 乃木坂46 相楽伊織サッカー日本代表のすごさを語る

乃木坂46 相楽伊織、『のぎおび⊿』で“サッカー日本代表のすごさ”熱弁 「私、乃木坂を背負うだけでも精一杯なのに」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライブ配信サービス「SHOWROOM」上で今週からスタートした、乃木坂46メンバーが日替わりでファンと交流する月曜~金曜の帯番組『のぎおび⊿』。第2回目となる20日の配信では、第2期生の相楽伊織が登場した。

シンクロニシティ(TYPE-A)(DVD付き)

 黒髪ロングのヘアスタイルにキリっと引き締まった顔立ちから「クールビューティー」と評されることの多い相楽。そんな見た目とは対照的に、マイペースでフワフワとした性格をしており、そのギャップが多くのファンを惹きつけている。

 番組冒頭、最近の出来事として、相楽は「ダイエットを頑張る」と宣言したにもかかわらず、ここ2~3日で諦めたことを報告し、「なんかね、どうしよ~って感じなんですよ(笑)」と一言。さらに、先日、両親が家にいないときに一人でハンバーグをつくったものの、こがしてしまい料理を途中で放棄したことも報告。のっけからマイペースキャラを全開にした。

 また視聴者からの「日本vsコロンビアの試合は観た?」との問いかけに対し「観たよ!」と即答。しかし「私、ゴールの瞬間、観てないんだよね~……すっごいショックだよね……」としつつ、「でもさぁすごいよね、日本背負ってさぁ……私、乃木坂背負うだけでも精一杯なのに……」と、本音を覗かせた。

 このような視聴者とのやり取りに一区切りついたところで、昨日の宿題のコーナーへ。19日の配信を担当した第3期生の大園桃子が残した「いおりさんへ 本気のずっきゅんをお願いします」と書かれたフリップを見た相楽は「も~、何だよ、桃子~」と言いつつも、カメラに向かって「いきますよ~!」と両手を銃のように構え、「皆さんのハートにずっきゅん!」と、ノリノリで打ち抜いて見せた。ファンからは「あたーりー」「わああああ」「やられたー!」「撃ち抜かれたー」「あと一ミリだった」「もう一回」等のコメントが相次いだ。

 続いては視聴者からの質問のコーナー。「Q:今日何食べた?」⇒「A:エビチリ」、「Q:前髪造らないの?」⇒「A:つくらないね」、「Q:最近は何の本を読んでますか?」⇒「A:秘密」、「Q:セラミュ(乃木坂46の選抜メンバーが出演する美少女戦士セーラームーンのミュージカル)観た?」⇒「A:観たよ」、「Q:最近仲の良いメンバーは?」⇒「A:みんなと仲良いんだよ」、「Q:ゲームはする?」⇒「A:しないかな最近」と、視聴者からの質問に次々と答えていった。

 次に始まったのはお悩み相談のコーナー。こちらでも、「朝起きられない」⇒「頑張るしかない」、「英単語の覚え方はどうしたらいいか」⇒「書いて声に出す」、「緊張をほぐす方法は?」⇒「掌をほぐすといいと思うよ」、「色白になる方法は?」⇒「『美白化粧水みたいなやつを全身に塗りたくると良い』って純奈(伊藤)が言ってた。私はやってない(笑)」と、おっとりとした口調から簡潔な答えが次々と繰り出された。

 各曜日担当メンバーが競い合う「のぎおび選手権」では、「ストップウォッチの10秒ピッタリ止め」にチャレンジ。優勝メンバーへ送られるご褒美「美味しいスイーツ」の獲得を目指し、「何が何でも1位がいいな」「頑張りますよ!」と意気込んで挑戦した。

 結果は、「10秒19」という、初回の大園が叩きだした10秒75よりも正確なタイム。この自分のタイムを見た相楽は「おおー!!」とびっくり仰天。驚きのあまり「10秒ピッタリ!」と勘違いし、スタッフから小声で「違う、違う、違う(笑)」と訂正されるという天然っぷりを披露する一幕も。

 そして番組はエンディングヘ。番組冒頭で1万人、開始15分で1万6000人と視聴者数は伸び続け、最終的には2万人が閲覧することに。相楽は21日の同時刻に配信される第1期生・斉藤優里の『のぎおび⊿』についても触れ、「木曜日はもうね、何もすることないから、仕事・学校終わって家に帰って……」と視聴を促すと、ファンからは「決めつけ(笑)」「人によると思いますが(笑)」とのコメントが寄せられ、最後までマイペースキャラで番組を盛り上げた。

■こじへい
1986年生まれのフリーライター。芸能・スポーツ・音楽・カルチャーのコラム・リリース記事から、ゲームのシナリオ、求人広告まで幅広く執筆中。

「乃木坂46 相楽伊織、『のぎおび⊿』で“サッカー日本代表のすごさ”熱弁 「私、乃木坂を背負うだけでも精一杯なのに」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版