“バーチャルYouTuber界の歌姫”富士葵 地上波番組出演&メジャーデビューに至った魅力

 そして葵の名を一躍知らしめたのが、「かわいくなりたい!バーチャルYouTuber『富士葵』をかわいくするプロジェクト」。同企画では、「”モデルさえよければ” ”かわいくない” ”ブス” このようなことを言われてます( ´^`° ) もしかして、かわいくなったら、もっともっとたくさんの人に葵の動画を観てもらえるのかな?」という理由から、クラウドファンディングを実施。第二目標の金額2000万円を達成し、Twitterで募集した”理想の葵”を参考にセーラー服から白い夏服の制服に変わった、アップデートモデルが4月27日に披露された。

 チャンネルが開始されてからクラウドファンディングでモデルチェンジするのは異例のようにも思えるが、視聴者参加型の育成ゲームと考えると不思議ではない。そもそもアイドルには、垢抜けて成長していく姿を見守るという一つの楽しみ方があるので、葵の成長する過程が見られるのも魅力の一つだと考えられる。

 現在葵が出演中の番組『ソーシャルジン』は、スタジオではなく屋外で出演者と混じっている様子だけでも技術的に評価できるものだろう。番組ではKiroroの「未来へ」をアカペラで熱唱した際、番組MCであるjealkbのhaderuに「しっかり長めに歌うな」と指摘され、来週から特別コーナーが始まると告知すると「(ポッと出なのに)コーナー持てるの?」と何度もツッコまれる場面も。葵が何とか言葉を返す姿が初々しく、新人タレントのような扱いを受けているのも人間味を感じた。同コーナーではおしゃれスポットなどを回る予定とのことので、今後葵がどのような姿を見せてくれるのか楽しみだ。

(文=本 手)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる