木村拓哉の凛々しい表情も 大型国際ドラマ『THE SWARM』メイキング&俳優陣の写真公開

『THE SWARM』木村拓哉らの写真公開

 Hulu Japanが共同製作で参画するドラマ『THE SWARM』より、キャスト陣の写真とメイキング写真が公開された。

 本作は、HBO製作ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の主要プロデューサーのひとりで、エミー賞受賞歴を誇り、インタグリオ・フィルムズのクリエイティブ・ディレクターであるフランク・ドルジャーが製作総指揮を務める海洋SFサスペンスドラマ。

 ドイツのインタグリオ・フィルムズとndFインターナショナル・プロダクションが、ドイツ最大級の公共放送局ZDF、フランス国営放送局グループFrance Televisions、イタリア国営放送局の国際テレビサービス RAI ITALIA、オーストリア公共放送局ORF、スイス公共放送局SRF、北欧を代表するメディアエンターテインメント企業Nordic Entertainment Group、そしてHulu Japanとのジョイントベンチャーで、Bravado FictionとViola Filmとの共同制作により製作。フランク・シェッツィングの同名小説を映像化する。

 本作には、日本人キャストとして木村拓哉が出演。深海に生息する未確認知的生物の群れに直面する“人類の闘い”を描く本作では、全人類の運命が一握りの科学者グループの手に託されることになるが、木村は、そんな人類の危機に立ち向かう科学者グループのひとつを組成し海洋問題に取り組む“ミフネ財団”の創設者で、自らそのチームを指揮するアイト・ミフネを演じる。そのほか、海流を観測する海洋生物学の博士課程の学生を演じるレオニー・ベネシュ、彼女の指導教官役にバルバラ・スコヴァ、海底開拓を調査している高名なシグル・ヨハンソン博士役にアレクサンダー・カリム、ヨハンソンの元恋人で、彼に調査を依頼したノルウェーの石油会社社員役にクリスタ・コソネンが扮する。また、バクテリアによる海洋汚染と闘う分子生物学者役でセシル・ドゥ・フランス、クジラの狂暴化の謎を究明しようする若きカナダ人のクジラ学者役でジョシュア・オジック、インターナショナルな研究者チームのメンバーでデータ分析官のアリシア・デラウェア役でロザベル・ラウレンティ・セラーズ、天体物理学者のサマンサ・クロウ役でシャロン・ダンカン=ブルースター、博士課程の学生アミール役でエイディン・ジャラリ、研究船の船長アルバン役でオリヴァー・マスッチ、研究船の潜水ロボット工学専門家ロスコビッツ役でクラース・ハウファー=ウムラウフが出演する。

 本シリーズは、2021年3月より撮影を開始。監督を務めるバーバラ・イーダー、フィリップ・シュテルツェル、ルーク・ワトソンらが、主な舞台となるイタリアとベルギーで主要な撮影を終えた。

 公開されたのは、ベルギーにあるヨーロッパ最大級の水中スタジオ(LITES WATER STAGE & FILM STUDIOS)でのカメラボートと沈没船のメイキング写真とキャスト陣の公式写真。その中には、本シリーズのストーリー後半部分でのキーパーソンのひとりとして出演する俳優・木村の姿も収められている。

■作品情報
『THE SWARM』(全8話)
2022年世界同時放送&配信開始、日本ではHuluで独占配信予定
製作総指揮:フランク・ドルジャー
監督:バーバラ・イーダー、ルーク・ワトソン
原作:『THE SWARM』フランク・シェッツィング著
脚本:スティーヴ・ラリー、マリッサ・レストラード
制作:インタグリオ・フィルムズ、ndFインターナショナル・プロダクション
(c)Intaglio Films GmbH / ndF International Production GmbH / Julian Wagner / Leif Haenzo



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる