樹林伸原作、Netflixシリーズ『レディ・ナポレオン』制作決定 制作資料アートも公開

Netflix『レディ・ナポレオン』制作決定

 樹林伸原作のNetflixシリーズ『レディ・ナポレオン』の制作が決定した。

 『金田一少年の事件簿』、『BLOODY MONDAY』や『神の雫』(亜樹直名義)など、多くの作品がアニメ・実写を問わず映像化されてきた作家・樹林伸。2020年2月に樹林はNetflixと新規企画を開発するためのパートナーシップを結び、初の作品として本原作を書き下ろした。

 『レディ・ナポレオン』は、かの皇帝ナポレオンの末裔・ソフィ率いる組織「レディ・ナポレオン」が世界制覇を目指して闘うアクションファンタジー。かつてナポレオンが所有したという三種の神器を求めて、ソフィ、執事兼何でも屋のバトラー、武術の達人・ガイとともに世界を駆け巡る。

 アニメ化に際し、スタッフの情報も発表され、『コードギアス 反逆のルルーシュ』(演出)、『バクマン』などの秋田谷典昭が監督を務める。アニメーション制作は、Netfilxアニメシリーズ『天空侵犯』を手がけたスタジオゼロジーが担当する。

 制作決定に伴い、現在開発途中のソフィ、バトラー、ガイのアートも公開されている。

■配信情報
Netflixシリーズ『レディ・ナポレオン』(全13話予定)
原作:樹林伸
監督:秋田谷典昭
制作:ゼロジー



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アニメ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる