堀内敬子、『鎌倉殿の13人』で比企能員の妻役に 「包み込む愛情を準備していきたい」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、道役を堀内敬子が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 道は、“13人”の1人である比企能員(佐藤二朗)の妻。堀内は本作が大河ドラマ初出演となる。

 堀内が演じる道は、三谷幸喜が名前を付けたようで、「潮の…満ち…引き…(比企)から道。という名前を三谷さんがつけてくださったそうです。偶然にも、私の母の名前は三千子(みちこ)。少しだけ、他人ではないような感覚になりました」と演じる役柄との縁を明かした。

堀内敬子 コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

この度、比企能員の妻・道を演じさせていただきます。
とはいえ、名前も分かる資料もないという事で。 潮の…満ち…引き…(比企)から道。
という名前を三谷さんがつけてくださったそうです。
偶然にも、私の母の名前は三千子(みちこ)。
少しだけ、他人ではないような感覚になりました。

大河ドラマ出演について

大河ドラマは、初出演、時代劇も初という事で、いつもと違う緊張感があります。

三谷幸喜作品への出演について

三谷さんの作品は、映画では『有頂天ホテル』、舞台だと『12人の優しい日本人』、『コンフィダント』、 『恐れを知らぬ川上音次郎一座』、『TALK LIKE SINHING』、人形劇『シャーロックホームズ』などに出 演させていただいております。 三谷さんの作品に出演させていただいてから、映像のお仕事を沢山させていただきました。恩師のような方です。皆さんにご迷惑をかけないように、ひとつのピースとして、役割を果たせたらと思います。

共演者について

比企能員の妻という事ですが、夫となる佐藤二朗さんとはこれまで同じ作品に参加させていただいたことはありますが、シーンを御一緒する機会はありませんでした。沢山、アドリブで来られたら、どうしよう(笑)。今から、どんな事が起きても驚かない強い心と、包み込む愛情を準備していきたいと思います。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK