田中泯、“奥州の覇者”藤原秀衡役で『鎌倉殿の13人』出演 「ただただ楽しみにしています」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、藤原秀衡役を田中泯が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 藤原秀衡は、奥州藤原氏第3代当主。「奥州の覇者」と呼ばれ、奥州藤原氏の最盛期を築いた人物だ。

 田中泯は『龍馬伝』以来、2回目の大河ドラマ出演。『龍馬伝』で演じた吉田東洋役は非常に大きな経験だったようで、「僕の場合は演技をする上でも、その空間性が重要かもしれません。単純に書くとどういう人が集いどういうエネルギーが現場に流れているのか、それは具体的に僕のカラダに影響を及ぼすからです。そういう意味で龍馬伝の空間は僕には生きやすい現場となっていきました。命短い役でしたが生き生きしていたのを鮮明に覚えております」と振り返る。本作で共演する源義経役の菅田将暉とは『アルキメデスの大戦』に続いての共演。菅田については、「僕にとっては心から『頑張れ』って言いたくなる青年です!」とその魅力を語っている。

田中泯 コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

簡単に言うと教科書に出てくるような人物で、僕自身がより理解を深めたい。色々な役を演じる上で当然のことながらそれが自分にとっての大きな利益になる。また、「東北」ということも僕にとって大きな鍵になることです。義経がらみの民俗芸能が多く残っている。僕はダンスを生きてきた人間なので地域に残っている伝統芸能、民俗芸能をたくさんみてきましたし、とても興味を持っています、いや、興味以上と言ってもいいかもしれません。

大河ドラマ出演について

『龍馬伝』での吉田東洋役。これは僕にとって大きな経験だった。僕の場合は演技をする上でも、その空間性が重要かもしれません。単純に書くとどういう人が集いどういうエネルギーが現場に流れているのか、それは具体的に僕のカラダに影響を及ぼすからです。そういう意味で龍馬伝の空間は僕には生きやすい現場となっていきました。命短い役でしたが生き生きしていたのを鮮明に覚えております。

三谷幸喜作品への出演について

舞台などは拝見したことがあります。ただ、数多くの活動をされてきた三谷さんに対して知っているとはとても言い難いので、知らないと言った方が正しいかと思います。僕のような人間が三谷作品に出ることは、自分としてもとても不思議なことです。ただただ楽しみにしています。

共演者について

菅田将暉さんとは『アルキメデスの大戦』でご一緒しました。また彼のコンサートにも伺いました。僕が勝手にかもしれませんが「仲良し!」だと思ってます(笑)。単純に誰がみてもそうなんじゃないかな……とてもとても期待されるべき人だと思ってます。僕にとっては心から「頑張れ」って言いたくなる青年です!

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK