林遣都と中川大志がバディ犬と一緒に前を見つめる 『犬部!』ティザービジュアル公開

 林遣都と中川大志が共演する映画『犬部!』の公開日が7月22日に決定し、あわせてティザービジュアルが公開された。

 2004年頃に青森県十和田市にある北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物愛護サークル「犬部」。本作は、そんな「犬部」を設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公が、仲間たちとともに動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代の生き様を描く物語。

 林が、「犬のためなら死ねる」というほどの“犬バカ”で犬部を設立する主人公・花井颯太を演じる。そんな颯太の親友で、颯太に負けず劣らずの“犬バカ”ぶりを発揮する犬部メンバーの柴崎涼介役を中川が務める。林と中川はそれぞれ作中でバディとして、犬のちえを演じる花子、犬の太郎を演じるきぃとタッグを組む。

 メガホンを取るのは、『花戦さ』で第41回日本アカデミー賞・優秀作品賞を受賞、『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』『影踏み』の篠原哲雄。また、『犬に名前をつける日』の監督・脚本・プロデューサーで、『ザ・ノンフィクション 犬と猫の向こう側』(フジテレビ系)や、NHK BSプレミアム『家族になろうよ 犬と猫と私たちの未来』の総合演出も務めた山田あかねが脚本を担当する。

 公開されたのは、林と中川の2人が、劇中でそれぞれバディになる犬の花子と太郎と共にまっすぐに前を見つめ、互いの愛情と信頼を感じさせるティザービジュアル。

 また、本作の主題歌がNovelbrightの書き下ろしの新曲「ライフスコール」に決定。「動物を愛し、動物達の為に戦う優しい心と葛藤をイメージして制作しました」と語るメンバー、そして林と中川から楽曲についてコメントが寄せられている。

Novelbright

コメント

林遣都

素敵な主題歌を届けていただき感謝しています。
様々な葛藤を乗り越え、信念を曲げずに闘い続けた登場人物たちの思いを代弁してくれているかのような歌詞でした。動物愛護に限らず、何かを変えようと勇気を持って声を上げ、誰かの為に生きようとする人の大きな支えとなる歌だと感じています。僕たちの思いと動物たちの声をこの「ライフスコール」にのせて、沢山の人に届けたいと思っています。

中川大志

犬部のメンバーと過ごした時間や、動物達の顔が、疾走感のあるメロディに乗って蘇ってきました。この曲が、苦しかった瞬間さえも優しく包み込んで未来に連れ出してくれる気がします。
「剥き出しの決意をこの胸に僕は立ち向かう」
この言葉が、柴崎として過ごした覚悟を、この先も忘れずにいさせてくれると思います。

Novelbright

今回『犬部!』の主題歌を担当させて頂きました。映画を拝見し、感動と共感、そして動物達と動物を愛する主人公の思いに心を打たれました。主題歌として書き下ろした『ライフスコール』は、動物を愛し、動物達の為に戦う優しい心と葛藤をイメージして制作しました。この素晴らしい作品の一部になれたことを素直に嬉しく、誇りに思います。命の大切さ尊さを、『犬部!』を通じて沢山の人の心に届くことを願ってます。

■公開情報
『犬部!』
7月22日(木・祝)全国公開
出演:林遣都、中川大志
原案:片野ゆか『北里大学獣医学部 犬部!』(ポプラ文庫)
監督:篠原哲雄
脚本:山田あかね
主題歌:「ライフスコール」Novelbright(UNIVERSAL SIGMA / ZEST)
配給:KADOKAWA
(c)2021「犬部!」製作委員会
公式サイト:inubu-movie.jp
公式Twitter:https://twitter.com/inubu_movie
公式Instagram:https://www.instagram.com/inubu_movie