阿部寛、長澤まさみ、及川光博が平手友梨奈の運動神経を絶賛! 岡田准一の元で特訓中?

 4月25日より放送開始する日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)の制作発表会見が4月14日に行われた。本作は、2005年に放送され人気を博した同名ドラマの続編にあたる。偏差値の低い落ちこぼれ生徒たちをたった半年で東大合格に導いた伝説の弁護士・桜木健二が生徒たちと東大受験を乗り越えるべく奔走する学園物語。主演の桜木役は前回に引き続き阿部寛が、そして16年前には生徒役だった長澤まさみが弁護士役で出演する。

 会見には阿部寛、長澤まさみ、及川光博、高橋海人(King & Prince)、南沙良、平手友梨奈、加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央太が登壇し、作品の魅力を語った。

阿部寛

 スーツ姿に弁護士バッジをつけて登場した阿部は「16年ぶりに桜木を演じることができ、さらに日曜劇場ということで光栄に思っています。前作を超えるものを作りたいと思って日々葛藤して頑張っています」と挨拶し、久しぶりの桜木役に意欲を見せる。続いて、同じく前作から続投となった長澤は「16年ぶりに水野直美役を演じるということで、どんなキャラクターだったかを思い出しながら現場にいます」と歳月を物語る内容の挨拶をした。

 そして、受験経験がないという生徒役の高橋は「受験生という青春を経験することができて、嬉しく、楽しく現場に臨ませてもらっています。頑張って東大合格を目指して勉強したいと思います」と役中の勉強シーンに意気込みを見せる。

長澤まさみ

 続編となる『ドラゴン桜』では前作にはなかったシーンが多数盛り込まれているそう。阿部は16年ぶりの桜木役について「冒頭からアクションがあり、元暴走族の桜木はバイクに乗るシーンもある。ここ1カ月くらいは体力勝負でした。この年齢で身体を痛めたりすることもありますが、いよいよここから授業や学校の話が始まっていきます。この1週間はワクワクしていて、頑張っていかなきゃなと思っています」と語った。さらに劇中の時代設定も15年が経過していることになっており、勉強方法もアップデートされているという。時代による作品の変化について阿部は「今の時代にあった最前線の勉強法と、昔ながらの体力勝負の勉強法を駆使して、原作を超える作品にしたいと思っています」と語気を強めた。

 この日、MCを務めた篠原梨菜アナウンサーは子供の頃に『ドラゴン桜』を観て、勉強への意識が変わったと言う。MCが実際に東大出身であることを話すと、阿部は『ドラゴン桜』に出演してから様々な人から反響があり、改めて影響力の大きなドラマであることを実感したというエピソードを語った。その最後には、「質問なんだっけ?」とMCに問いかけるなど場を和ませた。