『クルエラ』日本版声優に柴咲コウが決定 「20年以上前の自分を掘り起こすような感覚」

 5月28日より、映画館・ディズニープラス プレミア アクセスで同時公開される『クルエラ』。このたび、主人公・クルエラの日本版声優に実写映画の声優初挑戦となる柴咲コウが決定した。

 本作の舞台は、パンクムーブメント吹き荒れる1970年代のロンドン。ファッションデザイナーを夢見る少女エステラは、1日でも早くデザイナーになるため、身を削りながら切磋琢磨働き続ける。このままデザイナーへの道を歩んでいくと思われたが、伝説的なカリスマ・デザイナーのバロネスとの出会いによって、彼女の運命が大きく変わり、次第にエステラは狂気に満ち溢れた“クルエラ”の姿へと染まっていく。なぜ少女は悪名高きヴィランに変貌したのか。

 そんなディズニー史上最も悪名高きヴィラン、クルエラの日本版声優を柴咲が務めることが決定した。柴咲はUS本社の審査をクリアし、見事クルエラの日本版声優の座を射止めた。実写映画の声優は今作で初挑戦という柴咲は「様々なことが積み重なってクルエラへと変貌していったということを表現しなければいけなかったので、そこの細かいニュアンスを出すことにかなり苦労しました」と少女・エステラからヴィラン・クルエラへと変貌していく様を演じることの難しさを感じた様子。

 アフレコにはかなりこだわったようで、「一度全部撮ったのですが、その後チェックしてまた何度も撮り直させてもらいました」と語るように、今回あわせて公開となった日本版の特別映像でも狂気に満ちたクルエラを表現している。ディズニー・ヴィランズの中でも“クルエラ様”と呼ばれるほどファンの間で高い人気を誇るクルエラについては、「悪役なのにずっと親しまれていて、すごく象徴的なキャラクターだと思う。今までスポットの当たっていないバックグラウンドが今回は描かれているので、そのカッコ良さや反発心や反骨精神みたいなもの表現したいと思いしました」と、その魅力を語った。

 また、「20年以上前の自分を掘り起こすような感覚がありました。何も知らないところで生きていかなきゃいけない、生き残っていかなきゃいけないというハングリー精神というのに共感する部分がありました」とクルエラに自らを重ね合わせたことも明かした。アフレコを終えてみて、「“もっと自分発信で、自分を信じて強く生きたいな”という風に思えた」と話す柴咲は、「 “自分自身を信じてやっていくんだ”という強さを持つことが大切だと感じました」と、クルエラから本当の意味での“強さ”に気付かされたと語る。

■公開・配信情報
『クルエラ』
5月28日(金)より、映画館・ディズニープラス プレミア アクセスで同時公開
※プレミアアクセスは追加支払いが必要
監督:クレイグ・ギレスピー
出演:エマ・ストーン、エマ・トンプソン、マーク・ストロング
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 
(c)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.