Snow Man ラウール「全シーンが名シーン!」 『ハニーレモンソーダ』メイキング映像公開

 Snow Manのラウール主演映画『ハニーレモンソーダ』のメイキング映像が公開された。

 ラウールが映画単独初主演を務め、吉川愛がヒロインを演じる本作は、村田真優による、集英社『りぼん』で連載中の累計発行部数500万部突破の同名少女コミックを実写映画化したラブストーリー。『ピーチガール』『honey』の神徳幸治監督が監督を務め、『PとJK』『私がモテてどうすんだ』の吉川菜美が脚本を担当する。

 中学時代「石」と呼ばれていじめられていた自分を変えるため、自由な高校に入学した石森羽花(吉川愛)はレモン色の髪をした三浦界(ラウール)に出会う。みんなの人気者で、自由奔放で、何を考えているかわからない塩対応の界だが、なぜか自らを「石森係」と呼び、世話を焼いてくれるという不思議な関係に。そんな界にどんどん惹かれていく羽花。そして、界もまた羽花のひたむきさに、初めての感情が芽生えていた。二人の距離はどんどん縮まっていくが、実は界には誰も知らない秘密があり……。

映画『ハニーレモンソーダ』SPメイキングムービー【7.9(Fri)RODASHOW】

 公開されたメイキング映像には、ラウールと吉川に加え、堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美が、本作の見どころを語るインタビューが収められているほか、彼らが真剣に芝居に挑む様子はもちろん、撮影合間に和気あいあいとスマホで自撮りをする姿など、本編さながらの仲睦まじい様子が垣間見える。

 ラウールは「原作を好きになったしハマりました。最初から最後まで全シーンが名シーン!」と、自身も原作にハマったことを明かし、ヒロイン羽花を演じた吉川は、「ウキウキするシーンが多くて!」と熱量たっぷり。そのほかのキャストからも「本当にキュンとした! 今まで感じたことのないドキドキ感」(坂東)「青春を感じながら撮影した!」(濱田)、「友達と居たりや好きな人と居ることって、こんなに楽しい!」(岡本)、「誰かの一歩に繋がるような作品になっていると思う」(堀田)とコメントが寄せられた。

 原作者の村田も「ハニレモを映画化していただけることになりました。嬉しいです!! 撮影を見て来たのですが界・羽花たちがそのままそこにいて本当に本当に感動しました」とコメントしている。

■公開情報
『ハニーレモンソーダ』
7月9日(金)全国ロードショー
出演:ラウール(Snow Man)、吉川愛、堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美ほか
原作:『ハニーレモンソーダ』村田真優(集英社『りぼん』連載)
監督:神徳幸治
脚本:吉川菜美
主題歌:「HELLO HELLO」Snow Man(avex trax)
企画・配給:松竹
制作:オフィスクレッシェンド
(c)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (c)村田真優/集英社