菅野美穂、高畑充希、尾野真千子が三者三様の“母親”に 『明日の食卓』本予告&ビジュアル

 5月28日公開の菅野美穂主演映画『明日の食卓』の本予告と本ビジュアルが公開された。

 本作は、椰月美智子による同名小説を映画化する社会派エンターテインメント。同じ「石橋ユウ」という名前の小学5年生の息子を育てる3人の母親たちの生活が崩れていくさまを描く。

 『ジーン・ワルツ』以来10年ぶりの映画主演となる菅野が、フリーライターで2人の息子を育てる留美子役に挑み、やんちゃ盛りの息子たちを育てながら仕事復帰を目指す母親を演じる。また、シングルマザーで大阪に暮らす加奈を高畑充希、年下の夫と優等生の息子に囲まれ、一見何不自由なく幸せを手に入れているあすみを尾野真千子が演じる。監督を務めたのは、『ヘヴンズストーリー』『64 ロクヨン』2部作などの瀬々敬久。また、和田聰宏、大東駿介、山口紗弥加、山田真歩、水崎綾女、藤原季節、真行寺君枝、渡辺真起子、菅田俊、烏丸せつこ、宇野祥平らが出演する。

『明日の食卓』本予告

 公開された本予告では、神奈川県在住の仕事復帰を目指す43歳のフリーライターの石橋留美子(菅野美穂)、大阪府在住の30歳のシングルマザーで息子を愛情深く育てながら懸命に生きる石橋加奈(高畑充希)、静岡県で優しい夫と自慢の優等生の息子に囲まれ幸せそうに暮らす36歳の専業主婦の石橋あすみ(尾野真千子)、同じ「ユウ」という名前の10歳の息子を育てる3人の母親たち三者三様の「石橋家」の平和な日常が描かれていく。しかし、突如として「ある日、ひとりのユウ君が母親に殺された」という言葉と共に衝撃の展開へと繋がっていき、子育てや家事に非協力的な夫に対し「協力し合おうって思えないの?」と問い詰める留美子の姿や、加奈に対し「僕のことはもう嫌いなんや!」と叫ぶ息子の勇(阿久津慶人)、そして「僕はいい子じゃない! お母さんもいいお母さんじゃない!」と狂気じみた表情で話す、あすみの息子の優(柴崎楓雅)を捉えたカットなど、それぞれのリアルかつ魂を揺さぶられるシーンが映し出されていく。

 また、瀬々監督の『菊とギロチン』で大杉栄を演じた、ミュージシャンでもある小木戸利光が実弟の小木戸寛と組むバンド・tokyo blue weepsの「Motherland」が主題歌に決定。2012年リリースのEPに収録されている「dear grandma」を瀬々監督が気に入り、本作のためにアレンジを加えた。

 あわせて公開された本ビジュアルでは、菅野、高畑、尾野が演じる3人の母親たちがこちらを覗き込むような構図となっており、一見、光に包まれた幸せな雰囲気に見えるものの、真ん中には「息子を殺したのは、私ですかー?」という衝撃のコピーが添えられている。

■公開情報
『明日の食卓』
5月28日(金)、全国ロードショー
出演:菅野美穂、高畑充希、尾野真千子、柴崎楓雅、外川燎、阿久津慶人、和田聰宏、大東駿介、山口紗弥加、山田真歩、水崎綾女、藤原季節、真行寺君枝、渡辺真起子、菅田俊、烏丸せつこ、宇野祥平ほか
監督:瀬々敬久
脚本:小川智子
原作:椰月美智子『明日の食卓』(角川文庫刊)
主題歌:「Motherland」tokyo blue weeps
配給:KADOKAWA/WOWOW
製作幹事:WOWOW
(c)2021「明日の食卓」製作委員会
公式サイト:https://movies.kadokawa.co.jp/ashitanoshokutaku/