『おちょやん』第90話では、千代(杉咲花)がみつえ(東野絢香)のために舞台に立つ

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『おちょやん』。4月9日放送の第90話では、千代(杉咲花)がみつえ(東野絢香)のために舞台に立つ。

 千代が終戦後に何ができるか自問自答した第89話。第90話では、一平(成田凌)の電報で鶴亀家庭劇の面々が再結集。がれきの中でも芝居はできると、道頓堀の復興まで、旅一座として日本中を回るという新たな船出を決める。一方、亡き父・福助(井上拓哉)のトランペットと向き合おうとする一福(歳内王太)。千代は旅立つ前に、福富楽器店があった場所で、みつえと福助の結婚のきっかけとなった芝居「マットン婆さん」を公演したいと提案する。みつえに笑ってほしいという願いを込めて、千代は舞台に立つのだった…。

 本作は、女優の道を生き抜き、「大阪のお母さん」と呼ばれるようにまでなった、ひとりの女性の物語。主演の杉咲花のほか、成田凌、篠原涼子、名倉潤、明日海りお、松本妃代、曽我廼家寛太郎、大川良太郎、渋谷天笑、大塚宣幸、星田英利、前田旺志郎らがキャストに名を連ねる。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『おちょやん』
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45
※土曜は1週間を振り返り
出演:杉咲花、成田凌、篠原涼子、トータス松本、井川遥、中村鴈治郎、名倉潤、板尾創路、 星田英利、いしのようこ、宮田圭子、西川忠志、東野絢香、若葉竜也、西村和彦、映美くらら、渋谷天外、若村麻由美ほか
語り:桂吉弥
脚本:八津弘幸
制作統括:櫻井壮一、熊野律時
音楽:サキタハヂメ
演出:椰川善郎、盆子原誠ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/