乃木坂46 久保史緒里、ドSで毒舌な謎の女役で連ドラ初主演 「殻を破ることができたら」

 乃木坂46の久保史緒里が連続ドラマ初主演を務める新ドラマ『クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術』が、4月22日からカンテレ(関西ローカル)で、5月1日からBSフジで放送されることが決定した。

 カンテレとBSフジの共同制作となる本作は、“ブラック心理術”を巧みに利用し、相手の心を翻弄するミステリアスな女・クロノサキにもてあそばれる人々をブラックユーモア満載に描くサスペンスドラマ。

 主演を務めるのは、本作が連続ドラマ初主演となる乃木坂46の久保。2016年、乃木坂46に3期生としてメンバー入りし、女性誌『Seventeen』の専属モデルも務める久保が本作で演じるのは、巧みに他人を操る、ドSで毒舌な謎の女・クロノサキ。清純で可憐なイメージが強い久保にとっては、ギャップのある役どころとなる。

 連ドラ初主演について久保は「演技のお仕事は今後も続けていきたいと思っていたので、主演に選んでいただいて、本当にすごくすごく嬉しいです! 最初にお話を聞いたときは、“自分でいいのかな?”と思いました。メンバーのいない環境で演技のお仕事をさせていただくのが初めてなので不安も大きいですが、撮影と放送を終えた時に、皆さんに“久保で良かったな”って思っていただけるように、頑張ります!」と、緊張と喜びが入り混じった気持ちを表現した。

 さらに、謎の女・クロノサキを演じるにあたり「台本を読んだとき、クロノサキをどう演じていこう…とすごく悩みました。彼女(サキ)は、まるで人間であるようで人間じゃないような存在…。 人間味のないサキや、チャーミングなサキなど、たくさん表情がある役どころなので、うまく切り替えながらいろいろな姿を楽しんでもらえたらいいなと思います」とコメント。さらに、ドSなキャラクターを演じることについては「普段、乃木坂46のメンバーから“ドMだ”って言われることが多いので(笑)、ドSなキャラクターってどういう感じで演じたらいいんだろうって悩みました。自分の殻を破ることができたらいいなと思います」と話した。

 最後に「全体を通して、人間の弱さだったり、強さだったり、そういう部分が描かれている作品だと思います。日常生活にある悩みや、いろいろな人間の葛藤がハッキリと描かれているので、見ている方に共感していただける部分も多いのではないかなと思います。たくさんの方に見て、楽しんでいただきたいです!」と、作品の見どころを語った。

 さらに、ドラマの世界観を表現したメインビジュアルが公開。久保演じるクロノサキが、白いワンピースを着た可憐な久保を糸で操る、妖艶な雰囲気のビジュアルとなっている。「操る人生か、操られる人生か。」のキャッチコピーに込められた真意とは。

■放送情報
『クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術』(全8話)
カンテレにて、4月22日(木)スタート 毎週木曜深夜0:25~0:55放送(関西ローカル)
BSフジにて、5月1日(土)スタート 毎週土曜深夜0:30~1:00放送
主演:久保史緒里(乃木坂46)
参考文献:『他人を支配する黒すぎる心理術』(マルコ社)
(c)カンテレ
公式サイト:https://bit.ly/3d1pc4Q
公式Twitter:@kuroshinri_ktv