豪華ゲスト出演はどう実現した? 『俺の家の話』磯山晶Pに聞く、その裏側と長瀬智也の存在

 『俺の家の話』(TBS系)での長瀬智也と西田敏行の親子のやりとりに笑いと涙が止まらない。

 本作は、全盛期を過ぎた42歳のプロレスラー・観山寿一(長瀬智也)が、能楽の人間国宝の父親・観山寿三郎(西田敏行)の介護をするために実家に戻り、「悩み」を抱えながらも「喜び」を感じて生きていく家族の姿を描いた新しいホームドラマ。

 主演の長瀬智也、脚本の宮藤官九郎、チーフプロデューサーの磯山晶の3人が連続ドラマを手掛けるのは、2000年の『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)、2005年の『タイガー&ドラゴン』(TBS系)、2010年の『うぬぼれ刑事』(TBS系)に続いて本作が4作目となる。

 残すところあと3月26日放送の第10話のみとなった『俺の家の話』。今回、最終話を目前にチーフプロデューサーの磯山晶に、阿部サダヲが出演した「潤 沢」回や、長瀬がマスクで涙を拭った第7話など、これまで放送された回の裏側や、ドラマ作りにかける思い、そして最終話までを通して伝えたかったことについて話を聞いた。

これからの長瀬くんも見たい

ーー視聴者からの反響はどのように届いていますか?

磯山晶(以下、磯山):放送が始まる前は、介護というテーマが重くて、皆さんにちょっと避けられてしまうのではと思っていたんです。でも、現在、介護をされていない方も、自分たちの両親や、今後の自分も近い将来こうなるのかもしれないと前向きに受け止めていただいている反応が多くて嬉しいです。作品のメッセージを受け止めて、前向きに捉えてくださってる方が多いなと感じています。

ーーこの現場での長瀬さんの姿は、磯山さんにはどう映っていますか?

磯山:役への準備を早くから始めていて、完成度も高い仕上がりで、そのことにも感動していたんですが、今回、宮藤さんと長瀬さんの相性がバッチリだと改めて感じました。宮藤さんが書いたことをさらに面白くするための努力を長瀬くんがしてくれていて、ギリギリまで真剣に考えて、いろんなアイデアを自分の体を使って出してくれています。完璧主義というか、高い得点をどんどん狙っているというか。

ーーこれまでも長瀬さんはそういうタイプだったのでしょうか?

磯山:もともとそういう方でしたが、その幅が広がった気がします。急に一点を見つめて、じーっとしてるときはだいたいどうしたら良くなるかを考えていますね。第7話のオープニングでさくら(戸田恵梨香)に好きと言われたことを思い出したときの回想戻りの顔をあやかしの顔にするとか、本当にちょっとした表情とかでもアイデアを出してくれます。それと、第7話のマスクで涙を拭くカットが素晴らしくて。本番で急に長瀬くんがやったのですが、後で聞いたら、練習をしてきたわけじゃないと。もしかしたらそういうやり方もあるなとは思ってたけど、その場でちょうどいい感じに涙が出たから、ちょっとやってみたらうまくいったと話していました。

ーーまさに長瀬さんの“集大成”と言える演技になっていると。

磯山:長瀬くんは『池袋ウエストゲートパーク』のとき21歳で、『タイガー&ドラゴン』のときは27歳、『うぬぼれ刑事』が32歳。そして今、『俺の家の話』が42歳。彼のその時々の年齢に合わせて、違う表現の仕方があるんだなと感じています。本人はあんまり意識してないと思うんですけど、今までいろいろな経験を積んできたものを全部出して、今、42歳のいい男という姿を見せてくれているのではないかなと。50歳、60歳……とこれからの長瀬くんも見たいと思いました。


ーー本作の長瀬さんについて、宮藤さんと話はしましたか?

磯山:宮藤さんのドラマに長瀬くんが出演するときは、ちょっと変わったキャラクターが多かったんですが、今回の寿一は最も普通というか、なんでそんなことするの? というようなことはしない人ですよね。モノローグで、なんでそうなったのかとか葛藤なども自分で喋っているというのもありますが、長瀬くん本人の素に一番近い気がしています。長瀬くんに聞いてないので本当のところは分かりませんが、私たちが想像する長瀬くんに寿一が近づいているようでもあるし、宮藤さんの脚本もだんだん長瀬くん本人が本来持っている気質に近づいていってるような気がします。