『ボス恋』ロスは必至!? 奈未、潤之介、中沢ら、登場人物それぞれに訪れた選択の結末は

 火曜の夜に毎話”胸キュン“を届けてきてくれた『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系、以下『ボス恋』)が、遂に最終回を迎える。“ボス恋ロス”、“子犬系男子・潤之介(玉森裕太)ロス”、“ドS先輩・中沢(間宮祥太朗)ロス”の続出必至だろう最終回前に、改めてその見どころをおさらいしたい。

 “普通が一番! 超安定志向”の平凡女子の主人公・奈未(上白石萌音)が、音羽堂出版のファッション雑誌編集部に配属され、鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)のアシスタントに任命されることから物語は始まる。

 特段夢もなく、人並みに結婚して人並みの生活ができれば良いと思っていた奈未の思惑は脆くも崩れ去り、麗子からの容赦ないオーダーの数々が待ち受ける。ただ、一流のプロフェッショナルを見事巻き込み、雑誌を通して読者に夢を届ける麗子の仕事ぶりはじめ、夢や野望に溢れた編集部員の姿を間近で見るにつけ、奈未の中で徐々に変化が起こり始める。

 仕事だけでなく恋愛面での奈未の成長も描かれるが、どちらの成長にも関わってくるのが“宝来家”の人間。ひょんなことから出会ったカメラマンの潤之介は、実は麗子の弟であることが程なくして発覚するが、中途半端な自分に悩む奈未を“そのままで良いんじゃない”と受け入れてくれた潤之介は、奈未の心の支えになる。ただ、麗子とは正反対で天然で掴みどころがない性格の彼の気持ちを邪推しては、予想通りには動いてくれない彼に不安になったり“自分ばかり振り回されている”と不満をぶつけていた奈未だったが、他の誰でもない「自分がちゃんと想いを伝えていないだけだ」ということに気づき、恋愛にも真正面から向き合うようになっていく。

 晴れて潤之介からプロポーズを受けるも、仕事の面白みに気づきはじめ、初めて“編集者になりたい”という自分の夢を意識し始めていた頃と、時を同じくしての出来事に奈未の心は揺れ動く。