『レッドアイズ』亀梨和也と忍成修吾の対峙が意味すること SNSでは“内通者”考察広がる

 第7話では、小牧(松村北斗)によってセキュリティをハックされ、システムをジャックされたKSBC。『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)第8話では、蠣崎(忍成修吾)ら3名が乗り込み、物理的に乗っ取られてしまう。まもなく捜査官・阿蘇(泉川実穂)が撃たれ負傷、コンピュータ操作に長けた男(アシダユウキ)により、入室に必要な認証システムもダウン。KSBCは孤立状態となった。

 KSBC外にいた伏見(亀梨和也)は、刑事部長・奥州(矢島健一)にSITの派遣を依頼するも、歯切れの悪い返事で断固拒否される。「とにかくなんとかしろ」という、上層部にあるまじき態度の奥州は、人質にとられたKSBC捜査官らではない“なにか”を心配している様子だ。

 元伏見探偵所メンバー4人は事務所に集まり、まずは中の状態を知るべくKSBCへのハッキングを試みる。強化されたセキュリティに苦戦する小牧は、とある奇策を思いつく。小牧からの合図に気付いた長篠(趣里)は、バグの修正作業に見せかけてセキュリティを弱化。長篠の行動が少しでも犯人の目に不審に映れば、捜査官らの命はない。アクションシーンとはひと味違う、サイバークライムサスペンスならではの緊迫したシーンだった。

 “ながこまコンビ”の連携プレーにより、伏見らはようやくKSBC内の状況を把握。蠣崎らの目的は「B2ファイル」=警察によってもみ消された、特権階級の人間による犯罪ファイルの開示だった。復讐すべき相手が分からず苦しむ被害者のため、ファイルを明かすことが“正義”だと蠣崎は主張。伏見の頭には、美保(小野ゆり子)の事件がよぎる。それは私的制裁に過ぎない、復讐により新たに血が流れることは許されないと、島原(松下奈緒)はパスワードの提示を拒否。捜査官らも、警察官としての正義のもと、島原の意志に同意する。しかしこの展開を読んでいたかのように、蠣崎はまたも島原の妹・はるか(高橋ひかる)の命と島原の決断を天秤にかけようとしていた。危険が迫るはるかのもとへ、伏見と湊川(シシド・カフカ)が急ぐ。

 島原には決断のタイムリミットが迫り、はるかを捕えたスナイパーと伏見の睨み合いも続く。そのとき、小牧がKSBC内コンピュータの物理的破損に成功した。実行前、小牧が送ったメッセージに気付いた長篠ら捜査官は、爆破の隙をついて犯人らを確保。その身のこなしはさすが、警察官だ。島原も形勢逆転し、蠣崎から銃を取り上げる。はるかもまた、隙をついた湊川の後方支援により無事、保護された。ほんの数分ですべてがひっくり返る、『レッドアイズ』ならではのスピード感だ。