『花子とアン』はチャレンジングな朝ドラだった 『エール』に継承された“戦争への加担”の視点

 『赤毛のアン』の翻訳家・村岡花子の明治・大正・昭和にわたる波乱万丈の半世記を描くNHK連続テレビ小説『花子とアン』が夕方に再放送されている。

 山梨の貧しい家に生まれ、東京の女学校で英語を学んだ後、故郷で教師生活を送り、さらに翻訳家の道に進んだ安藤はな(花子)を演じるのは、吉高由里子。脚本を手掛けるのは、中園ミホだ。

 明るく元気な主人公が、様々な困難を乗り越え、自分の人生を切り開いていく物語は、『おはなはん』(1966年)以降ずっと続いてきた朝ドラの王道路線であり、その土台となるテイストは『赤毛のアン』などに端を発する海外文学にあると思っていた。

 それだけに、『赤毛のアン』の翻訳家がモデルとなる朝ドラが発表された際には、「とうとう本丸が来た」というワクワク感があった。

 実際、本作には『赤毛のアン』のオマージュが多数登場する。例えば、ヒロイン・安藤はなは、池に落ちて高熱を出し、生死の境をさまよった後、「辞世の句」を残すが、死を覚悟したことから好きな名前で生きることを決意し、周囲にしきりに「『はな』ではなく、花子と呼んでくりょう!」と訴える。これは『赤毛のアン』のアンが自身の名前の綴りについて「Anne」と「e」をつけることにこだわったのが元ネタとなっている。

 他にも、祖父(石橋蓮司)の口癖がアニメ『赤毛のアン』のマシューと同じ「そうさのう」ということや、幼なじみの男子・朝市(窪田正孝)にからかわれて絶交することや、女学校で「ブドウでつくったクスリ」と言われて酒とは知らずにワインを飲み、酔っぱらうこと(これは吉高が出演していたCM『ハイボール!』と重ね合わせて観る人も多かったが)。極め付きは、『赤毛のアン』ファンがみんな大好きなフレーズ「曲がり角を曲がった先には、何があるかわからないの。でも、きっと一番良いものに違いないと思うの」をそのまま言わせること。また、花子が人生の指針としていた「想像の翼を広げる」というワードも、想像力豊かなアンと重なるものだ。

 しかし、こうした『赤毛のアン』ファンへのサービスのような要素も盛り沢山でありながら、振り返ると、本作ほど「光と影」の濃淡がくっきり浮かび上がる作品は、長い朝ドラ史上においても、そうないと思う。

 一つは、光となるヒロイン・花子との対比となる人物たちの描き方だ。例えば、花子の光の影にならざるを得なかった兄や妹たち。

 花子の実家は貧しく、視聴者からは「顔が黒すぎる」「汚しすぎている」などの声もあがるほどだった。そんな中、「はなの理解者」父は、はなの読み書きへの強い関心を見抜き、学校に行けるように奮闘。その甲斐あって、「給付生」として名門女学校に通うことになるのだ。

 その一方で、長男・吉太郎(賀来賢人)は憲兵に、次女・かよ(黒木華)は女工に、三女・もも(土屋太鳳)は北海道の顔も知らない相手のもとに嫁ぐという運命を背負わされる。そのため、兄は勉強に励むはなにコンプレックスを抱いたり、かよははなに憧れとともに複雑な思いを抱いていたり、ももははなを一途に思い続ける朝市に片思いし、失恋したり。はなの貧しいながらもキラキラの女学校生活との対比で、甲府の実家の貧しい暮らしの過酷さ・厳しい現実が際立って見えるのである。