“一流のワル”たちがロンドンで大暴れ 『ジェントルメン』予告編&場面写真公開

 5月7日公開のガイ・リッチー監督最新作『ジェントルメン』より、予告編と場面写真が公開された。

 本作は、リッチー監督がデビュー作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』と『スナッチ』以来、地元ロンドンのクライム・ワールドを描くクライム・サスペンス。

 女王陛下の国イギリス、紳士の街ロンドン。そのロンドン暗黒街で緊急事態が発生。一代で大麻王国を築き上げたマリファナ・キングのミッキーが、総額500億円といわれる大麻ビジネス全てを売却して引退するというウワサに街は激震。ウワサを聞いて目の色変えたのが、強欲なユダヤ人大富豪、ゴシップ紙の編集長、ゲスな私立探偵、チャイニーズ・マフィアにロシアン・マフィア、そして下町のチーマーたち。紳士の顔したワルたちが、500億円の利権をめぐり、ウラのウラの、そのまたウラをかく、ダーティでスリリングな駆け引きが始まる。

 ミッキー役を『インターステラー』のマシュー・マコノヒーが演じるほか、『キング・アーサー』のチャーリー・ハナム、『クレイジー・リッチ!』のヘンリー・ゴールディング、『ダウントン・アビー』のミシェル・ドッカリー、『ダンボ』のコリン・ファレル、そして『コードネーム U.N.C.L.E.』のヒュー・グラントが共演する。

映画『ジェントルメン』予告編

 公開された予告編は、ビールとピクルド・エッグ、ジュークボックスから流れるレコードをたしなむミッキー(マシュー・マコノヒ―)の背後に男が忍び寄り、銃声とともにビールグラスが血で染まる衝撃的な映像からスタート。マリファナ・キングのミッキーの元にユダヤ人大富豪、ゴシップ紙の編集長、ゲスな私立探偵、チャイニーズ・マフィアにロシアン・マフィアらが集い、ロンドンのいたるところで裏切り、駆け引き、騙し合いが次第にヒートアップし、銃声鳴り響く巨大抗争にまで発展するさまが描かれている。

 あわせて公開された場面写真では、車のトランクに詰められた人物の主観ショットや、死体らしきものを運ぶ現場に偶然居合わせたような間の悪いシーン、チャイニーズ・マフィアに銃を突きつける様子や、秘密農園に忍び込んだチーマーたちのどこか気の抜けた乱闘シーンなどが切り取られている。

■公開情報
『ジェントルメン』
5月7日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:マシュー・マコノヒー、チャーリー・ハナム、ヘンリー・ゴールディング、ミシェル・ドッカリー、ジェレミー・ストロング、エディ・マーサン、コリン・ファレル、ヒュー・グラント
監督・脚本・製作:ガイ・リッチー
撮影監督:アラン・スチュワート
美術デザイン:ジェンマ・ジャクソン
衣装デザイン:マイケル・ウィルキンソン
編集:ジェームズ・ハーバート、ポール・マクリス
音楽:クリストファー・ベンステッド
配給:キノフィルムズ
提供:木下グループ
2020年/英・米合作/カラー/スコープサイズ/DCP/5.1ch/113分/字幕翻訳:松崎広幸/原題:The Gentlemen/PG12
(c)2020 Coach Films UK Ltd. All Rights Reserved.
公式サイト:https://www.gentlemen-movie.jp
公式Twitter:https://twitter.com/GentlemenJP
公式Facebook:https://www.facebook.com/GentlemenJP