関西ジャニーズJr.の勢いが止まらない 道枝駿佑、末澤誠也らが先輩主演ドラマで活躍中

 昨今、関西ジャニーズJr.たちの勢いがすごい。バラエティ番組やクイズ番組、情報番組などはもちろん、演技分野においても彼らの顔と名前を見る機会が増えてきているのではないだろうか。今期の連続ドラマも例外ではなく、関西ジャニーズJr.が出演している作品が複数ある。

 関西ジャニーズJr.の中でメイングループ的存在といえば、なにわ男子だ。昨年から全国放送の冠番組『なにわ男子と一流姉さん』(テレビ朝日系)がスタートし、ジャニーズJr.チャンネルにも参戦するなど、破竹の勢いを見せている。そんななにわ男子には、ジャニーズJr.きっての演技派である西畑大吾が所属している。過去、NHKの連続テレビ小説2作品に出演をした西畑は、やはり演技力がピカイチ。『年下彼氏』(ABCテレビ/テレビ朝日)や『メンズ校』(テレビ東京)などでもキラリと光る芝居を見せ、視聴者を惹きつけていたことは記憶に新しい。

 そして、ここ数年間は道枝駿佑の快進撃も凄まじい。今期もTOKIO・長瀬智也主演の『俺の家の話』(TBS系)に出演し、長瀬演じる寿一の甥にあたる長田大州を演じている。思ったことをそのまま口に出してしまう男子高校生で、第2話でも冒頭から大勢の門弟の前でラップをする自由奔放っぷりを見せてくれた。作品ごとに違う魅力を見せてくれる道枝も、“演技班”として頭角を現してきている。

 さらに、大西流星は今期の「ドラマ特区」で放送の『夢中さ、きみに。』(毎日放送)で主演を務めた。決して経験豊富ではないものの、もともと演技力が高く評価されていた大西。同作でも持ち前の可愛らしさと、不思議な魅力を存分に伝える演技を見せてくれた。ちなみに同作は、なにわ男子が歌う主題歌もいいのでぜひチェックしてみてほしい。この3人以外にも、なにわ男子は2020年末まで放送されていた『メンズ校』に全員主演という形で出演していた。いずれのメンバーもそれぞれ味のある演技を見せてくれており、まだまだ演技分野でも知名度を上げていきそうだ。