麒麟丸はなぜ虹色真珠を奪わなかった? 『半妖の夜叉姫』父・殺生丸の真意とは

 高橋留美子原作のアニメ『犬夜叉』シリーズのスタッフが再集結し、次世代の物語を紡ぐ『半妖の夜叉姫』(読売テレビ・日本テレビ系)。2月6日に放送された第18話「殺生丸と麒麟丸」では、とわ(松本沙羅)とせつな(小松未可子)がついに父・殺生丸(成田剣)と対面した。

 前回、四凶の渾沌(安元洋貴)による方術で八陣遁甲の陣に取り込まれるも、妖気の流れを嗅ぎ取り抜け出すことに成功したとわとせつな。そこに渾沌が現れ、2人は協力しながら技を駆使して戦う。一方、とわたちとはぐれたもろは(田所あずさ)は残された四凶の一人、饕餮(白熊寛嗣)に襲われ絶体絶命のピンチに。だが、渾沌を倒したとわとせつなが合流し、勝てないとみるや饕餮はその場から逃げ出してしまう。

 そもそも、とわたち3人がこうして四凶と対峙している目的はそれぞれ異なる。せつなは妖怪退治屋に参加しており、もろはは賞金稼ぎ。2人には四凶を退治する理由があるも、とわの目的は彼女たちと共に行動し、せつなから眠りを奪った“夢の胡蝶”を見つける手がかりを得ること。危険を冒してまで四凶を倒す必要はなかったが、どうやら四凶を束ねる獣王・麒麟丸(細谷佳正)は夢の胡蝶に関係しているようだ。

 3人が饕餮を追いかけた先にいたのは、その麒麟丸。とわが夢の胡蝶について尋ねると、麒麟丸は「わしを殺せば、夢の胡蝶は消える」と語る。その言葉を聞き、とわは交戦することなく夢の胡蝶を消してほしいと頼むが、麒麟丸は聞く耳を持たない。彼は、かつて消滅した四魂の玉から放たれた「人間でも妖怪でもない、時空を超える存在から滅ぼされる」という予言を警戒しているため、半妖のとわとせつな、そして四半妖のもろはの力を試そうと戦いを挑んでくる。

 これまで順調に並大抵ではない強さを持つ四凶を倒してきたが、西を治めていた犬夜叉の父・犬の大将と並び、東を治めていた大妖怪である麒麟丸の前では全く歯が立たない3人。技を使わずとも、とわたちをいとも簡単に吹き飛ばす姿に麒麟丸の強さが伺える。そして、彼女たちにとどめを刺そうとした瞬間、空から一本の剣が。それはとわとせつなの父である殺生丸の爆砕牙だった。