アカデミー賞ブータン代表に選出 『ブータン 山の教室』雄大な大自然を切り取った予告編公開

  4月3日より公開される『ブータン 山の教室』の予告編とメインビジュアルが公開された。

 第93回アカデミー賞国際長編映画賞ブータン代表に選出された本作は、ブータンの秘境ルナナ村に都会から赴任した若き教師と村の人たちや子どもたちの心の交流を描いた人間ドラマ。標高4,800メートルの地にあるブータン北部の村ルナナ。ブータン民謡が響きわたるこの村で暮らすのは、大自然とともにある日常に幸せを見つけ生きる大人たち。そして親の仕事の手伝いをしながらも、“学ぶこと”に純粋な好奇心を向ける子どもたちだ。写真家としても活躍するブータンの新鋭パオ・チョニン・ドルジ監督は長編デビュー作となる本作で「ブータンの独自性を記憶に焼き付けたい」と人々の笑顔あふれる暮らしを映し出した。

  ポスタービジュアルでは、ブータンの大自然とともに、村で暮らす子どもの笑顔あふれる眼差しが切り取られている。

映画『ブータン 山の教室』予告編

 予告編は、若手教師のウゲンがブータンで一番僻地にある学校への赴任を告げられる場面から始まる。密かに教師を辞めオーストラリアに行くことを夢見る彼は「無理だと思います」と即答するが、結局険しい山道を登り1週間以上かけてルナナ村へ。そこには電気も水道もなく、学校は埃まみれ。戸惑いを隠せないウゲンを迎えにきた生徒のペム・ザムに急かされ向かった教室には先生の到着を待ちわびていた子どもたちが。自己紹介を兼ねて「大きくなったら何になりたい?」と尋ねると、ある生徒が真っすぐに先生を見つめながら「将来は先生になりたいです。先生は未来に触れることができるからです」と言う。伝統歌「ヤクに捧げる歌」の歌声が響き渡る山の教室で楽しそうに学ぶ子どもたち。その姿が次第にウゲンの心を動かし始める。

 パオ・チョニン・ドルジ監督は「“国民総幸福の国”と言われるブータンは、世界で最も幸せな国であると言われています。しかし、そこでいう“幸せ”とはいったい何を指しているのでしょうか。ブータン人はみな、本当に幸せと言えるのでしょうか。皮肉なことに、多くのブータン人がそれぞれの幸せを求め、華やかで近代的な都市に移住するようになっています。この作品で、私は主人公ウゲンの“幸せを探す旅”を描きたいと考えました。彼は、自分の夢を叶える旅に出る前に、自分では考えもしなかったような旅を強いられることになります。彼は、“現代社会”という言葉からはほど遠い世界に渋々身を置くことになるのです。この旅を通して、彼は自分自身が必死に探しているものが何かを理解し、幸福とは終点ではなく、旅の途中にあるということを悟るのです」と本作への思いを語っている。

■公開情報
『ブータン 山の教室』
4月3日(土)より、岩波ホールほかにて全国順次公開
監督・脚本:パオ・チョニン・ドルジ
出演:シェラップ・ドルジ、ウゲン・ノルブ・へンドゥップ、ケルドン・ハモ・グルン、ペム・ザムほか
後援:在東京ブータン王国名誉総領事館
協力:日本ブータン友好協会
配給:ドマ
2019年/ブータン/ゾンカ語、英語/110分/シネスコ/英題:Lunana A Yak in the Classroom/日本語字幕:横井和子/字幕監修:西田文信
(c)2019 ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:bhutanclassroom.com