岩田剛典にバラ108本のサプライズ! 薄いリアクションを指摘され「それが一番辛い(笑)」

 映画×dTVドラマ『名も無き世界のエンドロール』Wヒット記念舞台挨拶イベントが2月4日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、映画本編とドラマ上映後の舞台挨拶に岩田剛典、松井愛莉、佐藤祐市監督が登壇した。

 1月29日より公開されている映画『名も無き世界のエンドロール』は、主演を務める岩田と新田真剣佑が表裏一体のバディを演じるサスペンス・エンターテインメント。強い絆で結ばれた幼なじみのキダ(岩田剛典)とマコト(新田真剣佑)が10年もの歳月をかけて、裏と表の世界でのし上がり、日本中を巻き込む壮大な計画を実行するまでの姿を描く。

 さらに、映像配信サービスdTVでは、衝撃の結末を迎える本編のラストから半年後の世界を描いたオリジナルドラマ『Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~』を配信中。映画出演キャストたちが再び集結し、ドラマ版オリジナルキャストとして松井、金子ノブアキが出演する。

岩田剛典

 拍手に導かれ、登壇者の3人がステージに登場。映画・ドラマともに大ヒットを記録していることを受け、主演の岩田は「公開されてからたくさんの反響をいただきまして、本当に感慨深い思いでいっぱいです」と今の心境を語る。また、映画の監督を務めた佐藤は「今日は短い時間ですが、皆さんと楽しい時間を過ごせたらいいと思いますので、精一杯スベることを言って後で岩ちゃんに怒られるように頑張りたいです(笑)」と早速の冗談で場の空気を和ませた。

 観客は舞台挨拶の前に映画の本編とドラマ全3話を視聴しているため、「疲れちゃったよね?」と気遣う岩田と佐藤。しかし、MCが「でもみなさん会えて嬉しいですよね」と問いかけると、会場から盛大な拍手が巻き起こり二人の顔がほころぶ。

松井愛莉

 また、映画を観た周りの人からの感想を聞いたという岩田は「本当にこの作品はご覧になっていただいた皆さん、それぞれに全然違う反応が出てくる。そういうところに作品の魅力があるんだろうなと思います」と本作の魅力を語った。オリジナルドラマからの登場になる松井は、完成した映画を観た感想を「後に色々考えさせられたと言いますか、(幼なじみの)3人の絆が強いからこそ、すごく切なくなるし、胸が締め付けられる思いでした」と述べる。

佐藤祐市監督

 また、映画のラストから続くドラマの注目ポイントについて、岩田は「映画が『キダどうなっちゃうの?』という終わり方になっているので、シンプルにそこは後日談として楽しんでほしい」と説明。映画の撮影を行っている時はまだキダの行く末が決まっていなかったようで、佐藤はラストシーン撮影時に岩田と「この後、キダはどうするんだろうね」と話していたという。岩田はその時「生きていくのが辛い」と答えたようだが、佐藤は「どんなに辛いことがあっても生きていく方がいいとは言わない。ただ、その切ない気持ちを僕はキダに乗せたかった」とキダというキャラクターに対する思いを明かした。