『ワンダーウーマン 1984』公開日が12月18日に変更 全米公開に1週間先駆け公開へ

 12月25日に公開予定だった映画『ワンダーウーマン 1984』が1週間繰り上げて12月18日に公開されることが決定した。

 このたびの発表に際し、ワーナーメディアCEOのジェイソン・カイラーは「今の時代だからこそ、私たちは劇場での映画体験を信じています。なぜなら世界中の 映画ファンの皆さんが映画館で鑑賞することに価値を見出していると信じているからです。そして映画ファンの皆さんが劇場での体験への期待を求めて下さる限り、私たちは映画館と連携し、素晴らしい作品をお届けすることでその期待にお応えするつもりです。それを決められるのはファンの皆さまです」とコメントを発表。

 当初6月12日に公開予定だった本作だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、10月6日へ延期、そして9月の段階では12月25日に延期されることが発表。今回が3度目の公開日変更となる。なお、アメリカでは12月25日に劇場公開とHBO Maxでの配信が同時に行われる。

 2017年に公開され、大ヒットを記録した『ワンダーウーマン』の続編となる本作は、世界が破滅に向かっていく1984年を舞台に、ワンダーウーマン(ガル・ガドット)に立ちはだかる最強の敵・チーター(クリステン・ウィグ)や、死んだはずの最愛の恋人・スティーブ(クリス・パイン)が登場する。ワンダーウーマンが、かつてない戦いを前に破滅に向かう世界を救おうと奮闘する模様が描かれる。

■公開情報
『ワンダーウーマン 1984』
12月18日(金)日本公開
監督:パティ・ジェンキンス
出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、クリスティン・ウィグ、ペドロ・パスカル、ロビン・ライト
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics