迫田孝也、源範頼役で『鎌倉殿の13人』出演 「人生の飛躍期には、必ず三谷さん作品と関わっている」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、源範頼役を迫田孝也が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 源範頼は、源頼朝の異母弟であり、源義経の同母兄。史実では、治承・寿永の乱などで活躍。しかし、後に頼朝に謀反の疑いをかけられ伊豆国に流されてしまう。

 迫田は源範頼を演じることについて、「初めて知ったんですけど、源平の合戦ではなんと大将を任されていたらしく、しかも九州とも御縁があるということで、こんな素晴らしい人物との運命的な出会いをありがとうございますと言いたいです」と感謝のコメント。また人生の飛躍期には三谷作品への出演があったそうで、「感謝してもしきれませんが、今回の『鎌倉殿の13人』ではその恩返しができるよう源範頼をしっかりと務めたいです!」と決意の思いを述べた。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

源範頼を演じます迫田孝也です。
兄に偉大な武家将軍「頼朝」をもち、弟に世が憧れる英雄「義経」をもつ……。
では範頼とは!?
初めて知ったんですけど、源平の合戦ではなんと大将を任されていたらしく、しかも九州とも御縁があるということで、こんな素晴らしい人物との運命的な出会いをありがとうございますと言いたいです。
とはいえ、まだ”知る人ぞ知る”に留まっているこの源範頼を、この作品を通じて、世の中がその魅力に気付いていただけるよう真摯に!演じたいと思っています。
そしてその暁には、全国で大暴れしたいと思っております。
合言葉は「源範頼、ここにあり!」です!

大河ドラマ出演について

今まで『真田丸』で戦国時代、『西郷どん』で幕末時代を生きてきたわけですが、今回は平安?鎌倉?正直、この時代の知識がほとんどありませんでした。調べてみると負けず劣らず激動の時代。現代にも通ずる天皇制や公家の時代から大転換期。そこから歴史を遡れば、教科書で習ったぶつ切りの知識がどんどん繋がっていく。
実際に演じることもそうですが、大河ドラマの魅力は、こういった歴史の勉強にもあると思います。

三谷幸喜作品への出演について

今日までの自分を振り返ってみると、人生の飛躍期には、必ず三谷さん作品と関わっているんです。感謝してもしきれませんが、今回の『鎌倉殿の13人』ではその恩返しができるよう源範頼をしっかりと務めたいです!

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK