坂東彌十郎、北条時政役で『鎌倉殿の13人』出演 小栗旬との親子役に「大変光栄に思っております」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、北条時政役を坂東彌十郎が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 北条時政は、政子(小池栄子)、義時(小栗旬)らの父親。鎌倉幕府の初代執権を務める。

 坂東は演じる北条時政について、「歌舞伎に登場する北条時政は、既に執権職に就いており怖い人物のイメージがありますが、今回はそれ以前から描かれているようで、はじめは権力とは無縁の田舎のいち豪族、そして何より主役の義時の父という重要な役どころです」とコメント。義時を演じる小栗の父・小栗哲家と仕事をしたことをがあるようで、「今回ご一緒させていただくことも何かのご縁と、緊張もありながら大変光栄に思っております」と小栗との共演について語った。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

歌舞伎に登場する北条時政は、既に執権職に就いており怖い人物のイメージがありますが、今回はそれ以前から描かれているようで、はじめは権力とは無縁の田舎のいち豪族、そして何より主役の義時の父という重要な役どころです。
映像作品への出演経験が殆どない私ですが、歌舞伎での時政のイメージは全て消して、三谷さんとご一緒にゼロから作りあげていきたいと思っています。
撮影が始まるのを今からワクワクして待っています!

大河ドラマ出演について

大河ドラマどころか、連続ドラマへのレギュラー出演自体が初めての経験ですが、五十数年前に父が何本か出させて頂いており、自分もいつか出られたら嬉しいなと思っていました。今回ご縁をいただきその夢が叶い非常に嬉しく思います。

三谷幸喜作品への出演について

三谷さんの作品には、2019年6月歌舞伎座の『月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと)風雲児たち』に出演させていただきました。
本当に楽しい経験をさせていただいたので、今回もとても楽しみです。
とはいえ時政という大役にお声かけくださった三谷さんを裏切ることにならないよう、全てをかけて臨ませていただきます。

共演者について

小栗さんとは全くの初対面ですが、30年近く前にお父様と舞台の仕事をご一緒した事があります。今回ご一緒させていただくことも何かのご縁と、緊張もありながら大変光栄に思っております。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK