阿南健治、『鎌倉殿の13人』に土肥実平役で出演 「大いに色々と熱く楽しみたい」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、土肥実平役を阿南健治が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 土肥実平は源頼朝と共に戦った質実剛健の武将。北条時政とは旧友で、義時のことも気にかける。

 阿南は演じる土肥実平について、「戦では先頭に立ちたがり、色々と世話好きで面倒見が良く様々な仲裁にも入り、『みんな仲良くしようよ』が口ぐせでの、強い思いの人間である」と印象を述べる。三谷作品への出演については、「何度も色々な作品に出させて貰っていて、いつも有り難く思い、そして思う事は、いつも面白い楽しきコメディの世界であり、それが難しく、笑わそうとしてはいけないと登場人物の人間を深く存在させれば自ずと面白くなると言う事が大事だと思い、喜劇は難しいから楽しいと、いつも思わされています。感謝です」とコメントを寄せた。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

土肥実平は、質実剛健で奢侈を好まず、謹厳な暮らしで頼朝から称賛されて、実直に熱く仕えたが、義経との関係で失脚もする。戦では先頭に立ちたがり、色々と世話好きで面倒見が良く様々な仲裁にも入り、「みんな仲良くしようよ」が口ぐせでの、強い思いの人間である。旧友の時政の息子義時へも気にかけて、みんな仲良く仲良くと陰ながら見守って助言もしたりして、そんな土肥実平を大いに色々と熱く楽しみたいと思います。

大河ドラマ出演について

39年前の19歳の頃、『おんな太閤記』のエキストラで、蜂須賀五六の家来になり、映ろう映ろうとカメラ前を動いてもいた。
『葵徳川三代』乗馬倶楽部へと行き乗馬を教えて貰って、多くの武将たちの前でドキドキで伝令を告げる。放送を観た三谷氏からメールで、色々な人がやった有名な役だと教えて貰って、なんだが嬉しく思った。
『新選組!』弟の勇との饅頭食べ比べ等々で口に入れ過ぎて苦しむも楽しみ、最後の切腹の場面にも立ち会えて弟を誇らしく思い楽しんだ。
『真田丸』五人衆の中の一人で、顔つきは厳ついが、長宗我部家のお坊ちゃんでもあり、花に水を上げると言うのが採用されてキャラクターが一つ膨らみ、色々と楽しみました。

三谷幸喜作品への出演について

何度も色々な作品に出させて貰っていて、いつも有り難く思い、そして思う事は、いつも面白い楽しきコメディの世界であり、それが難しく、笑わそうとしてはいけないと登場人物の人間を深く存在させれば自ずと面白くなると言う事が大事だと思い、喜劇は難しいから楽しいと、いつも思わされています。感謝です。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK