辻萬長、『鎌倉殿の13人』で義時の祖父・伊東祐親に 三谷脚本の魅力は「大きな意味で面白い」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、伊東祐親役を辻萬長が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 伊東祐親は、伊豆国の大豪族。義時(小栗旬)の祖父にあたる。

 辻の役は三谷の当て書きだったそうで、「これほどワクワクさせるものはない。伊豆国の大豪族『伊東祐親』。娘の八重が頼朝と密かに結ばれたことに激怒し2人の絆を引き裂く激しさ。頼朝憎しと執拗に追い詰める執念の強さ。そして戦いに負け囚われの身となるが、頼朝による恩赦をあくまで拒否する、その頑なさ。さてどう演じるか」とやる気十分のコメントを寄せている。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

久々の大河ドラマ、それも僕への当書きだ。これほどワクワクさせるものはない。伊豆国の大豪族「伊東祐親」。娘の八重が頼朝と密かに結ばれたことに激怒し2人の絆を引き裂く激しさ。頼朝憎しと執拗に追い詰める執念の強さ。そして戦いに負け囚われの身となるが、頼朝による恩赦をあくまで拒否する、その頑なさ。さてどう演じるか。

大河ドラマ出演について

ある時期までは大河ドラマ出演本数は第2位だったそうだ(今作で15回目)。だから数多くあるが、その中でも『竜馬が行く』の海援隊の面々との楽しかった青春。『元禄太平記』の吉良家用心棒・剣豪小林平八郎。討ち入りでの三日にわたる激しい立ち回り。そして『峠の群像』。赤穂に留まり藩を立て直そうと塩田造りに力を注ぐ、実直な浪人・鈴田十八。それぞれ思い出すと目を細めてしまう。

三谷幸喜作品への出演について

長い間、三谷作品への、それも舞台作品への出演願望はあった。そしてやっと今年夏のコロナ禍の中実現した。面白い。笑ってしまうという意味だけではない。大きな意味で面白い。色々な状況の中で気持ちが高揚し、それがついには笑いになり、涙になり、怒りになる。基本はシリアスに演じ続けての面白さだ。

※辻萬長の「辻」は正しくは「一点しんにょう」。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK