横田栄司、『鎌倉殿の13人』で“13人”の1人・和田義盛役に 「肝を据えて小栗さんに立ち向かっていきたい」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、和田義盛役を横田栄司が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 和田義盛は、鎌倉幕府の侍所別当を務めた武将。“13人”の1人となる。史実では、北条義時と争うことになり、和田合戦にて敗死する。

 横田は三谷から“ヒント”を与えられたそうで、「和田義盛は『気は優しくて力持ち、みんなから愛される西郷さんみたいなまっすぐな男。でも抜けているところがあるイジられキャラ』だそうです。その一方で、歴史上では、北条義時と最後まで張り合うことになる武将」と演じる和田義盛について解説。三谷作品への出演は今回が3作目。その魅力について、「近くにいるだけでワクワクと楽しくなる方です。日本でまだ誰も知らない三谷さんの脚本を、誰よりも早く読めることが楽しみで仕方ありません」とコメントを寄せた。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

三谷さんから頂いたちょっとした“ヒント”によりますと、和田義盛は「気は優しくて力持ち、みんなから愛される西郷さんみたいなまっすぐな男。でも抜けているところがあるイジられキャラ」だそうです。その一方で、歴史上では、北条義時と最後まで張り合うことになる武将。肝を据えて小栗さんに立ち向かっていきたいと思います。

大河ドラマ出演について

二度あります。初めての出演は『真田丸』の尾藤道休役、二度目が『麒麟がくる』の水野信元役です。我々は長い長い時間をかけて親に心配をかけ続ける職業ですので、いずれの大河出演も親が大変喜んでくれたことがとても嬉しかったです。

三谷幸喜作品への出演について

前述の『真田丸』、舞台『愛と哀しみのシャーロック・ホームズ』の3作品です。『真田丸』登場回の直後に、たまたま街中で三谷さんとすれ違い「尾藤道休をやらせていただいた横田栄司と申します」と声をおかけしたのが初対面でした。その時の印象同様、舞台の稽古場でも穏やかで優しく、近くにいるだけでワクワクと楽しくなる方です。日本でまだ誰も知らない三谷さんの脚本を、誰よりも早く読めることが楽しみで仕方ありません。

共演者について

佐藤二朗さん、そして我らが小栗旬さん。舞台での共演があり、芝居の話になると時を忘れる敬愛すべきカッコいい大人たちです。再会や初対面、そして何よりも、ご覧いただく皆様にも和田義盛を通してお会いできる日を心待ちにしております。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK