佐藤二朗、『鎌倉殿の13人』“13人”の1人・比企能員役に 「全力で小栗を支えていきたい」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、比企能員役を佐藤二朗が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 比企能員は、源頼朝の側近の1人。頼朝が死去したのち、13人の合議制の1人に加えられる。

 佐藤は演じる比企能員について、「一歩間違っていたら、執権は北条でなく比企だったかもしれません。歴史の裏には必ず、涙を飲んだ悲運の敗北者がいます。そうした歴史の表舞台に立てなかった人物を演じるのは、ある意味役者冥利に尽きます。精一杯、歴史の裏側、影を輝かせたいと思います」とコメント。

 主演を務める小栗とはドラマ『Stand Up!!』(TBS系)で初共演。以降、映画『銀魂』などでも共演を果たし、「小栗が持って生まれた座長としての資質に身を委ねながら、全力で彼を支えていきたいと思っています」と本作でも全力のバックアップを約束した。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

僕が演じるのは「13人」の一人で、北条と火花散る権力闘争を繰り広げた比企能員という人物です。一歩間違っていたら、執権は北条でなく比企だったかもしれません。歴史の裏には必ず、涙を飲んだ悲運の敗北者がいます。そうした歴史の表舞台に立てなかった人物を演じるのは、ある意味役者冥利に尽きます。精一杯、歴史の裏側、影を輝かせたいと思います。

大河ドラマ出演について

過去に大河ドラマは『平清盛』、『花燃ゆ』に出演しました。個人的な話で恐縮ですが、『平清盛』では撮影期間中に父親になりました。主演の松山ケンイチ君も同時期に父親になり、彼から育児書をプレゼントされたことをよく覚えています。

三谷幸喜作品への出演について

三谷さんとは、ドラマ『黒井戸殺し』(フジテレビ系)、舞台『愛と哀しみのシャーロック・ホームズ』、配信ドラマ『誰かが、見ている』でご一緒しました。今回も三谷さんの世界観を存分に味わい尽くしながら、精一杯演じたいと思っています。

小栗旬との共演について

小栗とは20年近く前、ドラマ『Stand Up!!』(TBS系)で初めて会ったと記憶しています。あとはドラマ『電車男』(フジテレビ系)、映画『銀魂』などで一緒にやりました。小栗が持って生まれた座長としての資質に身を委ねながら、全力で彼を支えていきたいと思っています。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK